地中

全て 名詞
3,027 の用例 (0.01 秒)
  • 少女を地中に埋めたときの甘美な気持ちはかけらもなくなっていた。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 現在もビル工事などで地中深く掘削すると不発弾が発見されることがある。
  • ヤチグモ類ではこのような網を地面に作り、巣穴は地中のトンネルに続く。
  • 実は、自分は陸軍の手を借りて、首塚周辺の地中を調査してみたのだ。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • おそらく東京周辺の地中と海中の温度がすこしずつ上昇しているのだろう。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • 無辺ですらあると感じられる世界、地中のもうひとつの地上このよだったのです。 古川日出男『アラビアの夜の種族3』より引用
  • そこから世間の眼を遮断して、隠微に地中で蠢動しゆんどうしているかもしれない。 色川武大『花のさかりは地下道で』より引用
  • 地中海岸を除くと、ヨーロッパ人の移民としては最初期のものになる。
  • 人間が関わる闇は、モグラのように地中から這い出てくるものではない。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 地中にいて、自分たちのために掘った大きな隧道トンネルと洞窟で暮らしている。 ディック/仁賀克雄訳『宇宙の操り人形』より引用
  • 一方、横浜正金から地中へもぐりこんだ十一人の決死隊はどうなったか。 海野十三『地中魔』より引用
  • それから下は筒になっていて、欅の木の幹の中を通り地中にはいります。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 砂の柱でも地中に立てれば立派に高層ビルを支えることが可能なのである。 安部公房『方舟さくら丸』より引用
  • だが、しかし、今は地中の式神に心を向けているときではなかった。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • 地中にいてそれで地上がよく見えるという機械でありました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 彼らが唖然として見守るうち、剣と手はするすると地中に消えていった。 田中芳樹『アルスラーン戦記02』より引用
  • 地中で爆発する地雷の対義語に近い言葉で、日本独自の区分と言われる。
  • いつかはある木の根本の地中に金を見いだしてやるつもりでいた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 筒の内側の壁に反響し、少しくぐもっていたが、地中から声が聞こえた。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • そしてそれ以来ずっと地中で何万年もくらしていた前世紀の生物じゃないかと思う。 丘丘十郎『雪魔』より引用
  • 次へ »

地中 で始まる単語