地中貫通爆弾

12 の用例 (0.00 秒)
  • 現代では航空機から投下される地中貫通爆弾が使用されている。
  • Mark 8核爆弾の改良型であり、硬化目標攻撃用の地中貫通爆弾である。
  • 本爆弾は今までに用いられた中で最大級の通常型爆弾の一つであり、これに優る兵器は幾種かの地震爆弾、燃料気化爆弾、また地中貫通爆弾が存在するのみである。
  • 外形は細長い形状をしており、地中貫通爆弾として、硬化目標攻撃用に設計されていた。
  • なお、低高度からの投下では、爆弾降下速度が不十分であるため、地中貫通爆弾の運用には向いていない。
  • ディズニーボム又はディズニースウィッシュは、第二次世界大戦中にイギリス海軍が開発した補助ロケット推進式地中貫通爆弾である。
  • これらのうちの幾つかには第二次世界大戦後期に出現したグランドスラムやT12地中貫通爆弾があり、現代のものとしてはロシア空軍のFOAB、またアメリカ空軍のMOABや大型貫通爆弾が存在する。
  • ペンタゴンは700トンのアンホ爆薬による 地中貫通爆弾 をテストする計画を立てた。
  • 地中貫通爆弾ではない核爆弾において、地下施設やミサイルサイロなどの硬化目標を核攻撃するにあたっては、大威力核兵器の地上爆発を行なう必要があった。
  • 最新のサブタイプは1997年に開発されたB61 Mod 11であり、地中貫通爆弾の一種である。
  • 最大威力が9メガトンと大きく、1997年にB61 Mod11地中貫通爆弾に更新されるまでは、地下施設破壊用に配備されていた。
  • 地中貫通爆弾としての特性を備えており、アメリカ空軍ではBLU-109/B、アメリカ海軍ではBLU-109A/Bとして制式化されている。