地中貫通

19 の用例 (0.00 秒)
  • 地中貫通爆弾は、硬化目標や地下の目標を破壊するための特殊な航空爆弾である。
  • 現代では航空機から投下される地中貫通爆弾が使用されている。
  • Mark 8核爆弾の改良型であり、硬化目標攻撃用の地中貫通爆弾である。
  • なお、弾頭部はある程度の地中貫通能力を有し、対核戦力攻撃にも用いられると推測されていた。
  • 本爆弾は今までに用いられた中で最大級の通常型爆弾の一つであり、これに優る兵器は幾種かの地震爆弾、燃料気化爆弾、また地中貫通爆弾が存在するのみである。
  • 外形は細長い形状をしており、地中貫通爆弾として、硬化目標攻撃用に設計されていた。
  • 敵のミサイルサイロなど硬化目標を攻撃するように設計されているため、冷戦が終結した後には、地中貫通核爆弾の候補として研究されたこともあった。
  • なお、低高度からの投下では、爆弾降下速度が不十分であるため、地中貫通爆弾の運用には向いていない。
  • ディズニーボム又はディズニースウィッシュは、第二次世界大戦中にイギリス海軍が開発した補助ロケット推進式地中貫通爆弾である。
  • これらのうちの幾つかには第二次世界大戦後期に出現したグランドスラムやT12地中貫通爆弾があり、現代のものとしてはロシア空軍のFOAB、またアメリカ空軍のMOABや大型貫通爆弾が存在する。
  • ペンタゴンは700トンのアンホ爆薬による 地中貫通爆弾 をテストする計画を立てた。
  • アメリカ陸軍のパーシング II弾道ミサイル搭載の地中貫通弾頭として開発されていたものであり、1980年9月に開発中止となった。
  • 地中貫通爆弾ではない核爆弾において、地下施設やミサイルサイロなどの硬化目標を核攻撃するにあたっては、大威力核兵器の地上爆発を行なう必要があった。
  • ジョージ・W・ブッシュの監督のもとで、新世代の小型核兵器、「地中貫通弾」と呼ばれる核兵器の研究を進めることに決定された。
  • 最新のサブタイプは1997年に開発されたB61 Mod 11であり、地中貫通爆弾の一種である。
  • 最大威力が9メガトンと大きく、1997年にB61 Mod11地中貫通爆弾に更新されるまでは、地下施設破壊用に配備されていた。
  • 地中貫通爆弾としての特性を備えており、アメリカ空軍ではBLU-109/B、アメリカ海軍ではBLU-109A/Bとして制式化されている。
  • パーシング IIは、5-50ktの可変核出力を持つ新型のW85 核弾頭または地中貫通するW86 核弾頭を使うことになっていた。
  • 「イスカンデル」はクラスター爆弾弾頭、燃料気化爆弾弾頭、威力増大型弾頭、バンカーバスター用の地中貫通弾頭、対レーダー作戦用の電磁パルス弾頭など、いくつかの異なるタイプの通常弾頭がある。