地中生活

26 の用例 (0.00 秒)
  • 様々な分類群で、地中生活に適応した動物が出現している。
  • 幼虫は他のコガネムシ類同様に地中生活をし、植物の根を食べる。
  • 例えばモグラの場合、地中生活であるから、普段は目は重要な感覚器官ではない。
  • ミミズトカゲの場合は明らかに地中生活に適応した結果である。
  • しかし、普段は地中生活であるとしても、時には地上に出るのであるから、目が全く見えないよりは見えた方がいいと言えるはずである。
  • 使用しないことで退化したと考えられるものは、地中生活や洞穴生活の動物に見られる目の退化や消失である。
  • 習性としては地中生活で、いわゆるトタテグモとよく似た生活をするが、巣穴はより粗末である。
  • この種は長く Ummidia fragaria の名で知られてきたが、この属のものはほとんどが南北アメリカ産で地中生活をするものであることから、2005年に今の属に移された。
  • 夜間には地表も歩き、半地中生活をしている夜になると地上を徘徊することもあるが、日光が照る所には出てこない。
  • これらの事は、地中生活への適応と考えられる。
  • 肩帯のような構成骨数の増減もまれで、地中生活・水中生活などに対応して腰帯自体が退化している動物を除くと、ほぼ全ての動物にこの3種の骨が揃っている。
  • それらは大きく自分で穴を掘る者と他者が掘った穴を利用する者の2つに分けられるが、ミミズトカゲ類は自分で穴を掘る真の地中生活者である。
  • 不完全変態のものであっても、トンボのように幼虫が水棲の例やセミのように地中生活の例など、はっきりと異なった姿と生活を持つ例が少なくない。
  • 草原や田、畑などの土中に巣穴を掘って地中生活する。
  • また、地中生活するうえに前翅が短いため飛ばないようにも見えるが、長く発達した後翅を広げてよく飛び、夜には灯火に飛来する。
  • 穴を掘るのに適した太い頚部と丸い体形を持ち、進化の過程で地中生活に特化して、四肢が短くなったと考えられている。
  • 地中生活に適応して四肢が退化し、ミミズのような外観を持つ。
  • セミの幼虫は地中生活で人目に触れず、また成虫は飼育が難しいので、その生態について十分に調べられているとは言えない。
  • 地中生活に特化したジムカデ類は無眼で、黄色や赤、白、緑などの体色を示し、非常に細長い体に短い足を多数持ち、土壌中をミミズのように穿孔する。
  • ミミズは、手足、頭、触角等、目につく顕著な器官が体表に何もないので、ごく下等な動物と思われがちであるが、これらはむしろ顕著な頭部器官や疣足を持つ同じ環形動物門の多毛類のような複雑な形態を持った祖先から、地中生活への適応として二次的に単純化を起こす方向で進化したものとみるべきである。
  • 次へ »