地中猟犬

13 の用例 (0.01 秒)
  • この他、通常のテリア犬種と同じく地中猟犬としても用いられていた。
  • ショードッグとして華麗な犬種になるよりも地中猟犬として使うべき需要が圧倒的に多かったことがそのひとつの理由として挙げられる。
  • 主に地中猟犬としてアナグマなどを狩るのに使われていたが、主人の道具を運んだり、撃ち落された鳥を回収するレトリーバーとしても使われていた。
  • 体型や耳形・尾形、脚の長さなどは特に指定がないが、地中猟犬としての作業に支障を来す場合はテリプーとして認められない。
  • 本来は地中猟犬としてキツネやアナグマを狩るのに使われていたが、1877年にはドッグショーにデビューし、犬種クラブを結成した。
  • 主にキツネやモグラ、ウサギやネズミを狩るための地中猟犬として使われる。
  • 扱いやすい地中猟犬を作り出すためにミニチュア・プードルにさまざまなテリア犬種を交配させる事で作出された。
  • 主にネズミやカワウソなどの小動物を地中で倒す地中猟犬として使われていたが、番犬や護畜犬としても働いた。
  • これらの犬のタイプは地中猟犬タイプ、非地中猟犬タイプ、中間タイプの3種に加えてエアデール・テリアタイプの4タイプに分かれている。
  • アナグマや野ウサギを捕らえる、地中猟犬として使われていた。
  • 一例としては高い闘争心と賢さを持つベドリントン・テリアと、高い狩猟本能と愛情深さを持つマンチェスター・テリアをかけ合わせた非地中猟犬タイプのハーフ犬などが挙げられる。
  • ただし、地中猟犬タイプならば地中に潜ることがなければならず、非地中猟犬タイプならばネズミを狩る事が出来なければならず、中間ならばどちらもこなさなければワーキング・テリアとして名乗る事が出来ない。
  • それの一つは地中に潜ってアナグマやキツネを捕らえる地中猟犬タイプで、もう一つは地中に潜らず、地上でネズミなどを捕らえる非地中猟犬タイプである。

地中猟犬 の使われ方