地中熱

16 の用例 (0.00 秒)
  • 地中熱とは地下の比較的浅い部分にある比較的低温の熱を意味する。
  • 大気・地中熱・水・排熱等から、投入エネルギーよりも多い熱エネルギーを回収して利用する。
  • ヒートポンプを用いることで、地中熱・大気熱・廃熱などを移動させて給湯・暖房等に利用できる。
  • 軽量鉄骨による住宅の建築販売のほか、地中熱を生かした住宅換気システム等を扱う。
  • 地中熱とは、地下の低温熱エネルギーである。
  • 日本での設置総数は欧米や中国に大きく出遅れているが、政府のエネルギー基本計画の中に再生可能エネルギーとして取り上げられ、2010年5月に成立した「エネルギー環境適合製品の開発及び製造を行う事業の促進に関する法律」では、その支援対象に地中熱利用設備が含まれた。
  • また、2012年に開業した東京スカイツリーでは地中熱利用による「地域冷暖房システム」が採用され、これは国内初である。
  • 熱源は水熱、地中熱、空気熱としている。
  • その一方、大気よりも地中の方が温度変化が少ないため、地中熱ヒートポンプの方が概して効率は高い。
  • 地中熱や地下水等を熱源とする大型の地中熱ヒートポンプと比較すると、小型の空気熱ヒートポンプは価格が比較的安く、設置が容易なのが長所である。
  • また屋上緑化や地中熱交換パイプ、自然換気を使用した換気・冷暖房施設やトイレの水に雨水を使用するなど環境配慮型となっている。
  • エアコンのようにコンプレッサを用いるものの他、地下水や不凍液等を地中熱交換器に循環させ、地中からヒートポンプへの熱運搬を行っている。
  • スイスの暖房は地中熱ヒートポンプが一般的であり、国内には地熱ゾンデが5万か所以上設置されている。
  • 長門市に本拠を置く建設会社東光工業の研究部門が独立したもので、地中熱利用換気システム「ジオパワーシステム」の研究とマーケティングを行っている。
  • 地球温暖化防止対策の一環として、地中熱ヒートポンプシステムを補助熱源としている。
  • 佐々木の生前、東京・自由が丘の住居を新居を立て替えしようとしていたが、地中熱システムを導入するための軟弱地盤に対するボーリング工事に伴う騒音問題などにより、住民側が区に直訴をしたために、工事中断に追い込まれた。