地中深く

169 の用例 (0.00 秒)
  • そんなある日、地中深くに眠っていた何かが突然海から飛び出した。
  • 現在もビル工事などで地中深く掘削すると不発弾が発見されることがある。
  • 全身に隈なく疲労感があり、地中深くを泳ぐなまずにでもなった気分だった。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • その当日に、モグラはおやゆび姫を地中深くに連れていくつもりでした。 大久保ゆう『おやゆび姫』より引用
  • そして、地中深くなると高い圧力により変成作用を受け、変成岩となる。
  • これまでの秘宝は、すべて惑星の地中深くに埋められていたのだ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ03 銀河系最後の秘宝』より引用
  • その多くは地中深くで生まれ、エサである山の土を食べながら地表へと出てくる。
  • それは広場というより、地中深くに陥没した王国のようだった。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • また戦時の核シェルターを兼ねるためか、地中深くに駅が存在する。
  • だから月人は、地中深く姿を消し、そしてその子孫が今もなお生命をつないでいるんだ。 海野十三『三十年後の世界』より引用
  • 水源のない島では、風車を使って地中深くから水を汲みあげなくてはならない。 三浦真奈美『風のケアル 第1巻 暁を告げる鐘』より引用
  • それは、東京の地中深く眠っていた巨大な地霊がついに目覚めかけた、ということだった。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 地中深くに根を張っているのではない。 高田宏『木に会う』より引用
  • 巣穴は地中深く複雑になっており、出入り口も複数存在する。
  • その軸は、見る見るうちに地中深く伸びていった。 海野十三『二、〇〇〇年戦争』より引用
  • 杖は地中深くめりこみ、木の葉の落ちた木の幹のように、まっすぐに立った。 ディクスン『ドラゴンになった青年』より引用
  • 彼等は皆、月の地中深く穴居けっきょ生活をしているのだった。 海野十三『月世界探険記』より引用
  • 開業当時はJR東日本の前身である日本国有鉄道の駅で最も地中深くにある駅だった。
  • 約二億五千万年前に温泉地周辺がまだ海だったころの海水が、地中深くに閉じ込められてできた食塩泉である。
  • その後、邪聖剣ネクロマンサーは世の中の争いの種にならぬよう地中深くに埋められたはずだった。
  • 次へ »