地中棲

9 の用例 (0.00 秒)
  • 地中棲で地面に穴を掘ったり、他の動物の巣穴の中などで生活する。
  • シロオビネズミカンガルーは地中棲で、主に巣穴の中で生活する。
  • ネズミカンガルー科では唯一地中棲で、複数の出入り口がある巣穴の中で生活する。
  • 四肢が小さい種が多く、地中棲の種では地面に潜りやすくするため四肢がさらに小型化して平たくなったり完全に退化した種もいる。
  • 地中棲で普段は眼と吻端だけを地面に出して地中に潜り、獲物を待ち伏せている。
  • 地中棲だが、樹上で見つかった例もある。
  • 地中棲で、地下10-20cm程の深さで穴を掘り生活する。
  • 食性は雑食で、植物の種子等のほか、タニシなど陸棲貝類、ケラなど地中棲の昆虫、甲虫類とその幼虫、イナゴ等のバッタ類である。
  • 地表棲だが、地中棲傾向が強い。