地中性

15 の用例 (0.00 秒)
  • 最も有力なのが、地中性・半地中性のトカゲ類から生じたというものである。
  • 地中性のものでは、球形や楕円形のものが多く、内部に胞子の塊を作る例が多い。
  • 地中性で、土の斜面にその面にほぼ垂直に穴を掘り、ほとんど巣穴内で生活する。
  • 地表性もしくは半地中性で、多くの種は地面に深い穴を掘る。
  • 他のムカデよりも地中性が強く、ミミズのように細い体を使って、土や枯葉の隙間に入る。
  • 他のアシナシイモリも地中性で陸上生活ではない。
  • なお、トタテグモ下目のものもほとんどが地中性であることから、古生代のこの類も同様な生活をしていたのではないかと言われる。
  • 中疣亜目と原蜘下目のものはいずれもほぼ地中性で、外見的にも互いに似ていて、クモ目全体の中では独特である。
  • 主に地中性だが、水中、地上で活動することもある。
  • 細長い歩脚を持ち、網を張って獲物を捕らえるが、地中性の原始的なクモ類と共通する特徴を持つ。
  • 有鱗目 においてヘビ類が地中性又は水中性のトカゲ類から進化したのも、白亜紀であるとされる。
  • 同様に原始的な地中性のクモでもジグモはバルーニングを行い、地方変異はあまり見られない。
  • このことはヘビの視細胞の特異性とも合わせ、地中性になって視力が低下し水晶体の厚さの調節機能を一旦失ってから再度地上で視覚を再発達させたという、ヘビの地中起源説の根拠ともなっている。
  • 地中性の原始的なものではない、普通のクモ類においては、糸疣が腹部後端、肛門の前にある。
  • タンポタケやタマノリイグチなどは、地中性の子実体に寄生するので、発生状況を一見しただけでは菌寄生菌であると判断しにくく、宿主を切り離さないように掘り起こす必要がある。