地中壁

15 の用例 (0.00 秒)
  • その上で、覆工板の下で掘削を行い杭を打ち込んで地中壁を構築した。
  • 地中壁は福島第一原子力発電所の海岸沿いに位置し、汚染水が海に漏出していることを示している。
  • 側方の地中壁についても躯体との間に100mm厚のフォームポリスチレン板を設置している。
  • 建設に使用するシールドマシンは、この頃既に機械化された密閉型機械掘り式が主流となっていたが、第1上野トンネルでは春日通り地下において連続地中壁を破砕する必要があったために手掘り式が採用された。
  • この連続地中壁は、後に都営地下鉄12号線を工事する際に、在来線の高架橋の基礎に影響を与えないようにするために事前に建設されていたもので、パイロットトンネルは壁の下をくぐって通り抜けていたが、本トンネルでは上部が壁に当たるために、地中でこの壁を一部撤去して通過する必要があった。
  • 学園の正門付近では、覆工板を地面に敷設して地上の機能を生かしたまま、覆工板の下に地中壁を構築する工事を行った。
  • 加えて掘削時の土留壁を連続地中壁として、トンネル完成後も存置することで地中振動遮断壁として利用することにした。
  • 堤防やダム、地中壁など大量の水に接する土木工事の現場では、構造物の内外の水位差や土質の状況を確認することによりパイピング現象が生じないよう注意が払われている。
  • 地山の条件が悪く、断面積が大きく、また連続地中壁の撤去作業が必要であることなどを考慮して、シールドマシン上部には、地山の中にあらかじめ貫入させることのできるカッティングムーバブルフードを装備した。
  • ここでは、架台の基礎となる連続地中壁が掘削時の土留壁を兼ねる構造とし、またトンネル上床版は架台を構築する際の型枠支保工基盤となる構造で建設された。
  • 基盤地層は掘削に対して不安定な島尻層泥岩であるため、格子状の地中壁からなる小ブロックを基盤地層に食い込ませることによってダムの安定性を確保している。
  • 水を含みやすい性質を持つ琉球石灰岩の地層を幅1790メートル、高さ27メートルの地中壁で区切ることによって地下水が海へ流出したり海水が地下水に浸入したりするのを防ぎ、地下水として水を蓄えておくことができる。
  • 星美学園内は前述の通り1984年夏以降の着手となったが、それまでにできるだけの地中壁を構築しておくことを考え、PIP工法の柱列杭を採用することにし、杭径550ミリ、杭長16 - 18メートルを使用した。
  • 出口側の工事は、1984年3月から着工され、BW工法で厚さ500ミリ、長さ17 - 20メートルの連続地中壁を構築する方法で建設が進められた。
  • 地中壁は、地表面から不透水層に向けてグラウト注入を、数m間隔で連続的に施工し、方形、馬蹄形の形に囲い込む。

地中壁 の使われ方