地中化

90 の用例 (0.01 秒)
  • 新鹿沼駅周辺の整備事業により電柱・電線の地中化工事が行われている。
  • 以上のような様々な理由により、細街路や生活道路での地中化は困難を伴う。
  • ロンドン市内は電線が地中化されているため、一般道に発着することもある。
  • 最近では電線類地中化により、市街地中心部分では撤去作業が進んでいる。
  • 郡山駅寄りの一部区間は片側二車線化や電線地中化が行なわれている。
  • ソフト地中化は無電柱化よりもむしろ電線類地中化の概念に含まれる手法である。
  • 電柱が残るのでは地中化の意味が薄いようにも見えるが、耐震性の向上などの効果はある。
  • また、松島2丁目踏切交差点から番町交差点までは電線地中化されている。
  • 歩道も広いが、彩都の全ての区画が電線の地中化を実現しているわけではない。
  • また、幹線道路および準幹線道路では電線の地中化を実施している。
  • 観光地の中には伝統的な建物の再生や、電線の地中化などにより街並みを整備している動きが見られる。
  • 総合体育館前から市役所前にかけては2010年に電線の地中化が行われた。
  • 無電柱化・電線類地中化には以下のような手法がある。
  • また、美しい町並みを維持するため、京都市により電線類の地中化が進められている。
  • 流町1丁目交差点から平野東4の区間は電線類地中化されている。
  • また、小山駅付近は電線等地中化工事により整備されている。
  • 駅上部へ商業施設を建設するため線路上にあった送電線は地中化する計画だが、地中化の範囲は当駅の2面4線化を考慮したものである。
  • 山陽道に面する通りは、歩道の美装化、電線の地中化が行われている。
  • このため、大半の区間で電線地中化が行なわれている。
  • 一部の地域では電線類を地中化している。
  • 次へ »