地中レーダー

13 の用例 (0.00 秒)
  • ここでも一部地中レーダーを使った調査が行われている。
  • そこでは、地中レーダーを使った調査なども行われている。
  • 地中レーダーはアメリカで製造されているものが多いが、日本でもNTTグループのアイレック技建株式会社をはじめ、複数のメーカーが開発・製造を行っている。
  • 彼らは地球物理学の手法を導入し、電磁気学と地中レーダー探査技術を駆使して調査に当たった。
  • ふたりは地中レーダー探査器と土壌電気伝導測定器を用いて、地上からの調査を行った。
  • 古い絵図にその姿が記されており、削平された埋没古墳のいくつかが地中レーダー探査によって確認されている。
  • 氷床上空で飛行機から地中レーダー探査を行い、氷床下にある地表のかたちを観測した。
  • 地中レーダー調査の結果、新たに5か所で建物が埋まっている可能性が高いという報告があり、2016年度から発掘調査に着手する方針が示された。
  • 地中レーダーは通常、埋設管や空洞、コンクリート構造物中の鉄筋調査等で有効な方法だが、最近考古学的な調査にも応用されている。
  • そのとき確認された大溝を、さらに2006年地中レーダー探査によって、地表を掘り起こすことなく南北2km分の流路が確認された。
  • また、2007年に発掘調査や地中レーダー探査が行われ、墓碑の土台規模が金沢市の前田家墓所の造墓原理に合致していることや、外堀が存在したことが確認されるなどの成果を上げた。
  • 地中レーダー探査とは、高周波の電磁波を地中に向けて放射し、ある地中の箇所より跳ね返ってくる反射波の走時を測定することによって、地中の様子を探査する方法で、物理探査の一手法である。
  • 発掘調査の成果により、1994年3月には出山横穴墓群8号墓は東京都の史跡となり、1994年10月から翌1995年1月にかけて保存整備に向けて地中レーダー調査、ならびに出山横穴墓群8号墓の墓前域の発掘が行われた。