地中に潜る

20 の用例 (0.00 秒)
  • 二対一、ないしは最悪一対二の状況ができるまで地中に潜って待ち続ける。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • 主に地中に潜って獲物と戦い、捕らえるタイプのテリアとして使われた。
  • 一度地中にもぐってから、地面を下から突き上げるように起爆するのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 小百合の呪文に合わせて放った蛇が炎となり、地中に潜った。 池上永一『レキオス』より引用
  • また手足を甲羅の中に引っ込めて回転して空中を飛び、地中に潜ることも出来る。
  • 地表棲で、繁殖期にしか発見されなかったことから地中に潜って生活していたと考えられている。
  • しかし辛うじて撃退には成功し、ルナチクスは再び地中に潜ってゆく。
  • 犬種名の由来についてもいくつかの説があり、単にテリアの名が砕けたものであるとする説や、地中に潜って作業をすることからラテン語の土を意味する言葉が砕けてつけられたとする説などが存在する。
  • 純粋に作業用の猟犬として地中に潜って害獣退治をしていたためにFCIなどには公認されていない。
  • 巨大化したホーと戦うが、ホーを倒すと再び地中に潜ってゆく。
  • 樹上性で木の上を這うが、冬は地中に潜って休眠する。
  • 多くの場合、変形体は普段は地中に潜っているので、ある朝突然妙なかたまりが出現、という格好になる。
  • ところがアタオコロイノナが地上に着くと、あたりは酷熱で包まれており、驚いた彼は地中に潜って行ってしまった。
  • 戦い方はジャンプして敵に突撃したり、地中に潜ってから敵の背後に現れて攻撃するという戦い方をする他、蹴り技も多用する。
  • 何しろ、長いこと地中にもぐって生きてきたのだから。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • 本種は地中に潜るタイプのテリアではなく、地上でネズミを狩ることを専門とするテリアである。
  • しかし彼がステッキでつつけばつつくほど、磁器は地中に潜っていった。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • 地中棲で普段は眼と吻端だけを地面に出して地中に潜り、獲物を待ち伏せている。
  • その際に床材の表面がやや乾燥し底の方が湿っている状態にし、地中に潜ることで生体が適した湿度を選択できる様にする。
  • 分布域北部の個体群は冬季に地中に潜り冬眠する。