地中に深く

13 の用例 (0.00 秒)
  • 次ぎにプロスペロは魔法の本と魔法のつえを地中に深く埋めてしまいました。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • 三番目は地中に深く埋まっており、発掘に時間がかかりそうだ。
  • しかし地中に深く打ちこまれた犂を曳く馬は、全身であえがなければならぬ。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • 君のどこからか、一本の太い根が生え、その根が地中に深くもぐりこんでいくのが、その時、ぼくにははっきりと見えたのだ。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • 蒙古では地中に深く埋めることを地獄にやるのだと考へてゐるので、こんな埋葬の仕方をするのである。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 1 20060303』より引用
  • その河流は地中に深く刻み込まれ年中水をたたえている。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • 江別文化や恵庭文化の墓制では、死体をうめる穴を地中に深く掘って、その上は平らに土をかけるだけである。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 12 陸奥・出羽ほか』より引用
  • 田干たぼしといって、わざと稲ののどを渇かして、稲が水を吸おうと地中に深く手を伸ばすのを待つのだ。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • 塔の心礎は地中に深く埋める形式とする。
  • 食性は主に動物食で、嘴を地中に深く差し込んで昆虫類や巻貝などの貝類を採食する。
  • 竹は地中に深く根を張る。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • 体をぎりぎり巻きに縛って、地中に深く掘った穴のなかにさかさ吊りにするもので、血が逆流し、数時間もたつと口や鼻から血がしたたってくるという、凄惨そのものの刑だ。 桐生操『美しき殺人法100』より引用
  • 根は多肉で、地中に深く直下する。