地中に埋設

16 の用例 (0.00 秒)
  • 砲床はベトン製で地中に埋設し、射撃時に砲を安定させる。
  • 起源等は明らかではないが野毛山が水源と考えられこれまで確認されたかぎりでは、東小学校の脇から黄金橋まで地中に埋設された鋳鉄管を通じて導かれている。
  • 例えば、電気やガスの配管、電話線などは地中に埋設され、街灯は町が栄えた時代の様式を採用している。
  • 電車は線路と架線の敷設だけで運行を行う事ができ、地中に埋設物を必要とするケーブルカーに比べてもその建設・維持費用は安く、爆発的に広まるようになった。
  • 電線を地中に埋設することなども行なって景観保護に配慮されているが、他方で急速な観光地化が景観にも悪影響を及ぼしていることが指摘されている。
  • これは地中に埋設するのではなく、付属した簡易な三脚や四脚に載った形で地上に設置され、水平方向に散弾や弾片を射出する。
  • このためそれに耐えうる接地線を避雷針本体から地面まで引き下げ、地中に埋設した銅板などに接続しなければならない。
  • 明治時代に電線が引かれる際には、山笠の邪魔になるなら電線はいらない、と地元が反対したが、毎年祭の期間中だけ地中に埋設することで折り合いをつけ、高い山笠を運行し続けた。
  • 例えば、地中に埋設された配管類は地震に対して変形せずに耐えることもできるが、地震による動きに追従できる程度に柔らかいものにして地震力自体を受けないような発想もありえる。
  • 開発当初、一戸当たりの敷地規模を約300坪で設定して区画割りされた住宅街の構内道路は電線・電話線等のインフラストラクチャーの多くが開発当初から地中に埋設され、直線を排した曲線の多い構内道路で構成されている。
  • 日本では特種用途自動車に分類され、自衛隊や消防のほか機動隊などにも装備されており、こと日本では常に発生が懸念される震災において地中に埋設された水道管が破損し断水が予測されることから、被災者救援に活躍することが期待されている。
  • 砲床は地中に埋設される。
  • 製品等の輸送方法には東洋活性白土の専用鉄道による鉄道輸送と地中に埋設したパイプライン輸送があり、どちらも国鉄糸魚川駅からの引き込み線の積み換えホームと工場間の輸送で、製品と重油は鉄道輸送、硫酸はパイプライン輸送であった。
  • 電柱の下部には鉄製の足場が取り付けられており、全長の6分の1ほどを地中に埋設することで設置する。
  • 従来の「地雷」は地中に埋設して対象に「踏ませる」ことによって作動するもので、その「踏むまで存在がわからない」ことによる効果は高いものの、地中に埋設するという特性から、一度に多人数の兵士を殺傷することには不向きであった。
  • 今日では地雷原において地中に埋設されている地雷の探知、空港や港湾における所持品のチェック、地理学探査、考古学探査そして宝探しなどにおいて広く活用されている。

地中に埋設 の使われ方