地下

全て 名詞
30,213 の用例 (0.02 秒)
  • そしてその穴の中に、地下室へ続いているらしい階段の下り口が見えた。 海野十三『鞄らしくない鞄』より引用
  • K夫人はドアを押して中へ入るとさっさと地下室の方へ降りて行きました。 大倉燁子『耳香水』より引用
  • 地下室の方の電線はうまく隠してあるから、君なんかに気はつかないよ。 甲賀三郎『計略二重戦』より引用
  • それから道を通って中に入って、地下室から屋根裏部屋まで見て回った。 ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』より引用
  • 一本の松は地下にどれだけ驚くべき根を拡げているかを調べてみるがいい。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 丸ビルの地下室の食堂が開かれたのはそれから間もないことであった。 高浜虚子『丸の内』より引用
  • 僕はこの地下施設に入ってから初めて、ようやくにして笑うことができた。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 空中ばかりでなく人間の交通範囲は地下にも拡張される傾向がある。 寺田寅彦『地図をながめて』より引用
  • 彼は彼等のあとから歩きにくさうに生れてはじめて地下室へ下りて行つた。 堀辰雄『顔』より引用
  • 私は四五年前からある信託会社の地下室の保護金庫を借りて居りました。 大倉燁子『消えた霊媒女』より引用
  • 湯浅と自分とは到頭二人っきりで先へその地下室から出て来てしまった。 宮本百合子『ソヴェト文壇の現状』より引用
  • のみならず地下水の石をうがつやうにじりじり実行へも移らうとしてゐた。 芥川竜之介『或社会主義者』より引用
  • 私は新宿駅の西口地下広場にある交番前を待ち合わせの場所に指定した。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 村の人たちに、私たちが地下の国で見て来た、いちぶしじゅうを話した。 知里真志保『あの世の入口』より引用
  • ところで「労働宮」の半地下室へ降りて行って見て私はびっくりした。 宮本百合子『ドン・バス炭坑区の「労働宮」』より引用
  • 翌る日午後五時に、私たちは上野駅で逢い、地下食堂でごはんを食べた。 太宰治『帰去来』より引用
  • そこへバタバタと跫音がして、若夫人が地下室の降り口から声をかけた。 大倉燁子『恐怖の幻兵団員』より引用
  • ハリーは学校の下を深く、地下牢よりも一層深く落ちて行くのがわかった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • いわば村の地下水となって村民の生活の根をうるおしているようなものだ。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 実際、Bの地下では、多くて十人、普通は五人といったところだったか。 秋野平『ロック、70年代—復刻CDに時代を聴く』より引用
  • 次へ »