地上

全て 名詞
34,684 の用例 (0.02 秒)
  • 他の者はすべて、生命とは無関係で地上に浮かんでいる影にすぎない。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • それは地上の人類が眼覚めることによつて即座に出現されるのである。 葉山嘉樹『工場の窓より』より引用
  • 断乎決定的な墓を残して地上から他の一切の跡をたつつもりであった。 坂口安吾『保久呂天皇』より引用
  • 地下から地上へ出る階段をかけ上って見たが、博士はどこに行ったか見えない。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 彗星が衝突したとたんに、地上は、一せいに火事になってしまいますよ。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 雪は空の高い処で出来てそれが漸次成長しながら地上に降りて来るものである。 中谷宇吉郎『雪』より引用
  • それと同時に、われはある物の衝突によって地上に激しく投げ倒されたり。 ビアス・アンブローズ『世界怪談名作集』より引用
  • あれは、このあたしたちの地上をお星さまが見護つてゐらつしやるんでしよ? 平井肇『ディカーニカ近郷夜話 前篇』より引用
  • この共軛回転弾によって破壊し得ないものは、この地上に一つもない。 海野十三『共軛回転弾』より引用
  • あのにぎやかな銀座風景は、今は全く地上から姿をけしてしまったのだ。 海野十三『三十年後の東京』より引用
  • 天上に導く力があるものは、また地上に叩き落す力もなければならない。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 私は地上勤務の兵士たちに、此処は何部隊かと訊ねてゐたところであつた。 岸田国士『北支物情』より引用
  • これだけは質に置いてもこの地上から亡さねばならぬものですよ。 坂口安吾『金銭無情』より引用
  • 地上の限りを越えたその幸福をわしはなんと言って表わしていいかわからない。 倉田百三『出家とその弟子』より引用
  • とにかく彼は此の地上を支配し、出来る限りの悪を人に加えようとしている。 太宰治『誰』より引用
  • そうしてその瞬間に彼のからだは中心を失って地上に落ちた。 十一谷義三郎『青草』より引用
  • おそらく、あの農夫はこの地上で五万年以上も前から、それを知っていた。 林田清明『石仏』より引用
  • この地上に本当に戦争をしたがっている誰かがいるのであろうか。 坂口安吾『もう軍備はいらない』より引用
  • これは三吉の地底機関車が東京百貨店跡から地上に顔を出したのであった。 海野十三『地中魔』より引用
  • 神の国の実現を地上に望み得る、現に実現しつつあるという信仰であります。 島田清次郎『地上』より引用
  • 次へ »

地上 で始まる単語