地上誘導ステーション

8 の用例 (0.00 秒)
  • 地上誘導ステーションの操縦員はパイロットとセンサー員が1人ずつ計2名で構成されている。
  • アメリカ陸軍はウォーリアシステムを11セット調達する予定で、それぞれのシステムは12機のUAVと5つの地上誘導ステーションで構成されている。
  • このACTDフェーズの間ジェネラル・アトミックス社から12機のUAVと3基の地上誘導ステーションで構成される3つのシステムが購入された。
  • MQ-1プレデターと同じく機体に人間は搭乗していないが、有人の地上誘導ステーションで遠隔操縦される。
  • このシステムは、地上誘導ステーションから衛星経由での遠隔操作及び上述のAH-64Dのガンナーが遠隔操作する形で無人操縦を可能としており、なおかつ有人飛行も可能なため、夜間のみオートパイロットを用いて安全に飛行でき、負傷者の搬送及び物資輸送が可能である。
  • シャドーシステムはUAV4機、地上誘導ステーション2機、発進用トレーラーおよび支援用の車両と人員で構成されている。
  • ジンバル搭載、デジタル安定、液体窒素冷却式の電子光学/赤外線カメラを搭載しており、それにより撮影した映像をCバンドLOSデータリンク経由で地上誘導ステーションにリアルタイムで送信できる。
  • プレデターは無人機4機、地上誘導ステーション、衛星通信サイトおよび55人の要員で構成されるシステムであり、初期量産型のRQ-1K無人機を使用するシステムはRQ-1A、改良型のRQ-1L無人機を使用するシステムはRQ-1Bという名称が付けられている。