地上波局

22 の用例 (0.00 秒)
  • 以下のチームのホームゲームは、地上波局アナが担当することがある。
  • 以下のチームのホームゲームは、原則として地上波局アナが担当する。
  • 本放送では字幕放送が行われているが、時差放送が行われている地上波局では行われていない場合がある。
  • 道内の地上波局が全てファイターズ主催試合の放映権を持っていることも特筆すべき点である。
  • テレビ番組部門は開始以来地上波局の作品のみが対象であったが、2013年度の第49回大会よりCS局や総合編成チャンネル局制作の作品も対象とすることとなった。
  • これらの映像は、地上波局で「のみ」放送することが許されている場合が多く、衛星局は放送する事業者が異なるため、そのまま放送すると権利を侵害することになる。
  • それらの番組は地上波局や専門チャンネルと提携し、日本全国にも配信し、番組制作会社としての面も持つ。
  • また、本作は系列外の地上波局へのスポンサードネット・番組販売が実施されなかったため、結果的にアナログ放送しか受信環境のない視聴者は無料での視聴ができなかった。
  • 字幕放送はテレビ東京系列地上波局のみ実施している。
  • 開局以来、韓国ドラマを中心とした海外ドラマを放送してきたが、2012年4月期からは1980〜90年代に地上波局で放映された国内ドラマも放送している。
  • なお、放送枠が終了した現在でも、一部の地上波局やBS日テレ、日テレプラスなどで再放送が行われている。
  • 最初の中継は2008年2月10日のアイシン戦で、これがバスケットボールの試合としては道内地上波局で初の生中継となった。
  • なお、SG・全国発売GIのレース映像については、2009年頃から地上波局向けにハイビジョン制作を行っている。
  • 日本の法的区分では「衛星又は有線一般放送事業者」に相当するが、地上波局並みの総合編成を行う点が日本とは異なる。
  • SGか新鋭王座・女子王座・競艇名人戦更に賞金女王等全国発売GIの優勝戦が重なると地元地上波局制作の特別番組を放送する。
  • なお、日テレ以外の地上波局で再放送する場合は「制作 日本テレビ」のテロップをはずしている。
  • テレビは中国電視公司や台湾電視公司、中華電視公司などの全国ネット地上波局のほかに、ケーブルテレビ局も多数存在し、各種専門チャンネルによる放送が24時間行われている。
  • 開催国日本においては、独占放映権を持つフジテレビが、CS局のフジテレビONE/TWO/NEXTにて全試合を放送した他、日本代表の試合は地上波局でも放送された。
  • TBSが2008年シーズンからMLBのレギュラーシーズン全国放送を行うため、ブレーブス戦の放送はTBSが運営するアトランタの地上波局WPCH-TVに移行する。
  • 当番組の終了直後には、ミニニュース番組『TXNニュース』が放映され、テレビ東京系地上波局では、吉本興業の芸人たちの番組に続く。
  • 次へ »