地上核実験

6 の用例 (0.00 秒)
  • その後、同じ場所で100回以上の地上核実験が行われた。
  • ポーリングは1950年代の地上核実験の撤廃活動以来常に政治的・社会的に危険と隣り合わせの状態だったが、この1985年のMoertelとの対立により、彼は機関資金源や学術的な支援、一般社会の評判を失った。
  • 米国内では、1950年代から1960年代初頭の児童にヨウ素131の蓄積が顕著に見られるが、これはその期間に実施された地上核実験の結果、汚染された草を食べた牛からの牛乳の摂取によるものである。
  • 従来は広島と長崎への原爆投下爆心地や、ネバダ砂漠での世界初の核兵器実験場跡地、また核保有国で行われた地上核実験での爆心地を「グラウンド・ゼロ」と呼ぶのが一般的であった。
  • ラスベガスの北西にあるユッカ・フラッツ/ネバダ実験場における地上核実験では、セントジョージが放射性降下物の矛先になった。
  • コモナーは北米各地の子供の乳歯から検出される放射性物質のストロンチウム90を研究し、地上核実験が放射性降下物の形で公衆衛生に危険を齎していると結論付けていた。