地上性ナマケモノ

9 の用例 (0.00 秒)
  • これは、地上性ナマケモノの絶滅に、ヒトが関わっていた可能性を示唆している。
  • しかし近年、分子系統学の手法によって解析が行なわれた結果、この二つの樹上性ナマケモノは、各々別系統の地上性ナマケモノと近縁であったことが明らかになった。
  • しかし唯一、地上性ナマケモノに関しては化石が多く出土しており、漸新世後期には現れていた事が分かっている。
  • アメリカバイソン、マンモスおよび地上性ナマケモノのような大型動物もそのような水資源に惹き付けられて来た。
  • これら新参の人々はマンモス、ラクダ、地上性ナマケモノおよび馬に遭遇した。
  • 軽い作りの身体を持ち樹上性であったと思われるArchaeolambdaから、長い尾を備え地上性ナマケモノに似たバリラムダ、そしてサイまたはカバ似の体型で北アメリカに生息していたものまで、枚挙に暇がない。
  • 地球科学者のポール・マーティンの意見では、クローヴィス尖頭器で武装したこれらの一団は、マンモス、ラクダ、地上性ナマケモノ、馬に遭遇した。
  • オーウェンの南米産絶滅哺乳類への興味は、他の重要な寄稿のみならず、自ら名付けたグリプトドン という巨大なアルマジロや、巨大な地上性ナマケモノのミロドンやメガテリウムに関するすばらしい論文へと導かれていった。
  • その先祖は中央アジアに辿ることができる、遊牧の狩猟採集型民族であり、鉱泉や岩塩があり、マンモス、バイソン、地上性ナマケモノなど大型動物が集まる所にその遺跡が見つかっている。