地上天気図

32 の用例 (0.00 秒)
  • 通常「天気図」と呼ばれるものは地上天気図を指していることが多い。
  • 持続時間が短いうえ、小規模であるため普通の地上天気図には記されない。
  • 高層天気図でも、地上天気図と同様に国際式天気図が定められている。
  • 日本国気象庁アジア地上天気図を基に、自身が作成したものである。
  • 図には等高度線とともに、ラジオゾンデなどの観測値を地上天気図と同様に地点ごとに記述する。
  • 地上天気図では、前線の形から型を判断することもできる。
  • 地上天気図に使用するのは、このコードを使用する。
  • 高層天気図に対し、地表付近の気象状況を表したものを地上天気図という。
  • 地上天気図を作成するために、観測したデータは海抜0mの気圧へと補正計算される。
  • 日本では、地上天気図に限り、一般向けにより簡易で分かりやすい日本式天気図も用いられている。
  • 学術用・気象予報用の正式な地上天気図には、世界気象機関が統一基準を定めた国際式天気図が用いられている。
  • また、地上天気図や高層天気図などにおいては、世界的には世界気象機関が統一基準を定めた国際式天気図が用いられている。
  • 一般的に、「天気図」といえば地上天気図のことを指す。
  • 地上天気図は、地上付近の気象状況を表した天気図を言う。
  • 地上天気図を作成する際には海面更正気圧を記入している。
  • よって、地上天気図ではほとんど確認することができないが、移動性の高気圧・低気圧の移動に大きく関与している。
  • 高層天気図と地上天気図の大きな違いは、地上天気図ではその地点の気圧を表記し同じ気圧の地点を結んだ等圧線を記述するが、高層天気図では同じ気圧の高度を記述し、同じ高度を持つ地点を結んだ等高度線を記述していることである。
  • 天気図は地上天気図のほかに高層天気図がある。
  • 気圧の尾根とは地上天気図において高気圧または高圧部から等圧線が張り出している部分のことである。
  • 気象現象はさまざまな気温・湿度を持つ空気が三次元的に複雑に入り組んで運動する中で起こる現象であるから、その機構を理解するためには、地上天気図だけではなく、高層天気図も活用して三次元的な大気の構造を描き出す事が必要不可欠である。
  • 次へ »