地上人

348 の用例 (0.01 秒)
  • それに、あの地上人といっしょに脱出しただろう老いぼれのこともある。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 02 ささやかな戦い』より引用
  • そこへひとりの地上人が飛行具スリュールをおっかなびっくり使い、近づいてきた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 04 軋む時空』より引用
  • これで完全に地上人ちじょうびとだと証明できれば、殺されないはずだと確信したのだ。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • ブラバは、女が地上人であることを証明する自動車免許証を持っていた。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • それで、ここでは地上人アイプとの付き合いかたをも訓練しなければならないのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • アーヴが自分たちについて地上人に語ることはめったにないのである。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • 地上人を無理によばなくても良い状況がつづいている、ということであろう。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 08 マシン増殖』より引用
  • たとえ地上人の入れ知恵があっても、それは、王がとるべき政策ではない。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 11 ハイパー・ホリゾン』より引用
  • このバイストン・ウェルには、ほかにも何人かの地上人ちじょうびとが落ちた形跡けいせきがある。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • 地上人のくせになぜか貴族スイーフの格好をした青年のことだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • ゾロゾロ地上人ちじょうびとがこの国に降りて来たことの方が、よほど気持悪いことなんだよ。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • そんなことをマーベルの書いた文字から感じるのは、同じ地上人だからだろう。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 05 離反』より引用
  • 目の前のドウミーロックは、同じ地上人であるマーベルが操縦している!? 富野由悠季『オーラバトラー戦記 08 マシン増殖』より引用
  • そうでもして確認しておかなければならないのは、トレンが地上人ちじょうびとだからである。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • 自身が魔力の源であるため、地上人の魔法より強力なものが多い。
  • ということは、アの国には、地上人ちじょうびとを呼ぶ力があったということだ。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 06 軟着陸』より引用
  • 地上人に対しては敵対視しておらずこの事件に関しては申し訳なく思っている。
  • 彼等は、新たに手に入れた地上人をようし、新しい挑戦ちょうせんを意図していたのである。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • 地上人たちは不安と解放感の混在するなかに立ちすくんで三ヶ月をすごした。 田中芳樹『七都市物語 (「扉」最適化)』より引用
  • それは、地上人の貴公が一番よく知っている地上人の性癖であろう? 富野由悠季『オーラバトラー戦記 08 マシン増殖』より引用
  • 次へ »