地上に墜落

27 の用例 (0.00 秒)
  • 衛星破壊実験にも成功しており、地上に墜落途中の衛星の撃墜も行った。
  • 天使は翼から黒い煙を発しながら、ふらふらと地上に墜落ついらくしてゆく。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 弱った翼では空気を十分に抱きこむことができないので、かれは地上に墜落してしまった。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(下)』より引用
  • その頃にはもう夜は明けていたので、別に地上に墜落したところで、そんなに問題はなかったのだけれど。 西尾維新『傾物語』より引用
  • パイロットは警告灯に気をとられて操縦がおろそかになり、誤って地上に墜落させた。
  • それに衝突したガメラは地上に墜落してしまう。
  • ジジは全く無感覺になつたまま、地上に墜落しだした。 堀辰雄『羽ばたき』より引用
  • 厚い繃帯を頭に巻かれていた未紀は、未知の惑星からこの地上に墜落してきた人間という印象を与えた。 倉橋由美子『聖少女』より引用
  • マクロスは衛星軌道上で戦闘を行っている統合宇宙軍と合流するため地上から発進しようとしたものの、重力制御システムの不備により地上に墜落する。
  • 両機は空中で衝突し地上に墜落した。
  • 暗黒の夜空を低く高く気が狂ったかのように盲目の状態で飛び廻り、互いに空中で衝突するとさらに高い悲鳴を引きながらあられのように地上に墜落しはじめた。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • しかも、それとほとんど同時に、かの大猿が、異様な叫び声をあげて、地上に墜落した。 南條範夫『駿河城御前試合』より引用
  • 最後に黄金の『剣』は、地上に墜落ついらくした『山羊』を大地ごとつらぬいた。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • 悪く言えば素人が製造するもののため、必ずしも龍勢連の意図通りに打ち上げが完了するとは限らず、仕掛けや落下傘が開かないまま龍勢が地上に墜落したり、上昇途中もしくは発射台でそのまま爆発するなどの打ち上げ失敗もしばしば見受けられる。
  • その特大飛行機は、少しずつ作っていくはじからどんどん地上に墜落していき、最後に完成するのは地上にベシャリとへばりついた飛行機の残骸であろう。 赤瀬川原平『少年とオブジェ』より引用
  • 最期は『2001』でゼロとともにエアシップに乗ったまま地上に墜落していった。
  • 相手機P-40のとき操縦席風防で爆発したのが目視でき、操縦士がやられた飛行機は燃えないが機がガックリとひっくり返りまっすぐ垂直に地上に墜落した。
  • そしてなおも追っかけてくるのを見ると、壁の片隅を乗り越えて、隣の露台の上にはい上がりましたが、そこから地上に墜落してしまいました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 08』より引用
  • サラは大きく吹っ飛ばされ、あえなく地上に墜落ついらくしてしまう。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • さいわいにも丸木舟は帆にいっぱい風をはらんで、しぜんに前へ前へとすすんでいたから、べつに親王が足で車をまわさなくても、不意に地上に墜落したりする心配はなさそうであった。 澁澤龍彦『高丘親王航海記』より引用
  • 次へ »