地上げ

全て 名詞
323 の用例 (0.00 秒)
  • 地上げの暴力団が横行した一九八〇年代後半の日本のようなものである。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • 小端は、前に話したことがある捜査二課的地上げ屋の一匹狼いつぴきおおかみ的存在だ。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • 東京で暮らしている由佳はもちろん地上げ屋という言葉を知っている。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • たぶんバブル最盛期に地上げされ、そのままになってしまったのだろう。 内田康夫『遺骨』より引用
  • 地上げ屋が処置に困った土地を、寝かせているよりはと駐車場にしたのだ。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • 万藤刑事が、捜査二課的地上げ屋という表現を使ったのは言い得て妙かもしれない。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • 去年まで東京の建設会社の傘下で地上げ屋をやっていた男ですがね。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 和彦くんは、前から地上げ屋がよくたずねて来ているようだといってましたね。 山村美紗『京都西陣殺人事件』より引用
  • 証券会社の社長が不良生徒と地上げ屋を使って学校乗っ取り事件を描いた。
  • そうでなくても、ここはたくさんの地上げ屋が虎視眈々こしたんたんねらっているのですよ。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • 新宿や赤坂一帯での地上げ紛争をめぐる記事の中に、その男の顔があった。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用
  • 小端は何度か地上げの対象の土地に足を運んどったはずや。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • その最初の仕事の地上げ勝負の相手はなんと天だった。
  • フリーザ登場当時は、バブルの時期であり地上げ行為が社会問題化していた。
  • あの地上げの話をおれに持ってきたのはあいつだ。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • その地上げ屋ふうの三人組があの日は、翔子の家に押し入っていたのである。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • 地上げした土地への暴力団の組事務所進出は認められない、って。 川島誠『800』より引用
  • 由佳は東京に居た頃にも、すさまじい地上げの話は聞き知っていた。 姉小路祐『死の逆転 ―京都が危ない』より引用
  • このへんは、古い住宅をシャベルカーでけずり取っていく地上げ屋に似ている。 東海林さだお『タコの丸かじり』より引用
  • 地上げによって、まずサラ地にするためのカネがすぐに何億円になってしまうんだ。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用
  • 次へ »

地上げ の使われ方