圭一夫婦

7 の用例 (0.00 秒)
  • 圭一夫婦は、結婚以来十カ月に一度の割で転居してきた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 嬰児に費されるべき金銭を、圭一夫婦は同人雑誌に納付していたのだ。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 月給一万五千円の身で、その金を捻出するのは辛かったが、圭一夫婦にとっては絶対に支払わねばならぬ金であった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • その幼い子供を不幸にさせぬためにも、圭一夫婦は、小説を書くことに互に無関心であるという唯一の手がかりをたよりに、その均衡を維持しようとしていたのだ。 吉村昭『一家の主』より引用
  • その度に望月は引越しを手伝ってくれたが、過去の経験から圭一夫婦の転居の時期が近づいていることを察知しているらしかった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 大学生から老人まで年齢の範囲も広く、職業もまちまちで、多くは金銭に縁がなく圭一夫婦と同じようにひたすら小説を書くことに生活を賭けている者たちばかりであった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • そうした仕事に対する無関心が、圭一夫婦の固定化した貌になり、それ故に破綻の起きる余地もなくなっていたのかも知れなかった。 吉村昭『一家の主』より引用