圭一

全て 名詞
3,149 の用例 (0.01 秒)
  • そのとき圭一は春絵ではなくて、わざわざ弟の修二に火を借りています。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • 十世帯入っているアパートで、圭一の家が最初にテレビを購入したのだ。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 圭一の勤務する会社の社長が、好意的にトラックをまわしてくれたのだ。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 祭具殿に入ったとき、圭一の馬鹿が電気のスイッチを入れたじゃないか。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 圭一は、自分がその夜のことを苛酷に思っていないことに安堵していた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 圭一はそれだけ言うと、本の返却のためにカウンターへ向かっていった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 妻をもふくめて人々が、圭一の死を笑いの種にすることは不愉快だった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 気絶したままねむりにいた圭一さんには時間の感覚がせていたのです。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 圭一は、佐山氏が長篇を渡した日に読んでくれたことだけで満足だった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 社長は、圭一が会社の宣伝用の小新聞に書く原稿に眼を通すのが常だった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 酒に弱い兄や弟たちは顔を赤く染め、圭一と僧は黙って酒を飲みつづけた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 圭一は、あらためて部屋の中を見まわし、寝ている子供の顔を見つめた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 小さな家なので、圭一と春子は同じ書斎を使用しなければならないのだ。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 江美が、主に新聞やテレビで報じられた間宮圭一殺しについて説明した。 深谷忠記『長崎・壱岐殺人ライン』より引用
  • 圭一は、食卓の前に坐ると飯のくるのも待ちきれずに牛肉を口に入れた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 圭一は、自分一人だけが家族の中で定った仕事がないことを感じた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 圭一は、妙な場所で停車したことをいぶかしみながら車の外に降り立った。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 吉永圭一郎のほうは、ここ二年ばかりは被害者には接触していません。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 男は、圭一に姿勢をとらせ、顎をひけとか足の位置を直せとか指示した。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 突然の話に圭一は返事もできず、社長の笑みをたたえた顔を見つめた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 次へ »