在る宮崎

5 の用例 (0.00 秒)
  • 軍司令部はラバウルに在る宮崎軍参謀長に次の電報を打った。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 十月十八日午前五時、第二師団の後方を既に前進移動を開始していた第十七軍戦闘司令所は、ラバウルに在る宮崎十七軍参謀長から電報を受領した。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 先に述べたことだが、ラバウルに在る宮崎十七軍参謀長は、ルンガ飛行場南側面の防備の強化状況は航空写真を見ても明らかであるので、参謀長の見解と航空写真とを、山内参謀に托してガ島に送ったが、同参謀のガ島上陸は十月十九日夜で、第二師団は既に迂回機動を開始しており、十七軍は迂回奇襲作戦に決していたのである。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 右記した海軍側所見のうち、第三項の、「軍参謀長進出しあらず、幕僚の掌握不良」とあるのは、簡略に過ぎて具体性に乏しいが、現地の軍戦闘司令所とラバウルに在る宮崎参謀長との間が、距離的にも時間的にも噛み合わないことが多かったのは事実である。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 第十七軍高級参謀は、二十六日、ラバウルに在る宮崎軍参謀長とコリ支隊長にあてて、コリ支隊の上陸を督促する電報を打った。 五味川純平『ガダルカナル』より引用

在る宮崎 の使われ方