在る処

20 の用例 (0.00 秒)
  • 東京は日本のすべての文化の中心機関の在る処と認められている。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • 未解決事件で終了したこの事件の三億円の在り処はどこなのか。
  • 彼らは大規模に水力採掘を行って鉱脈の在り処を探る方式をとっていた。
  • 人間は何とおのれの心のを自ら知らぬものかと、今にして驚くの外はない。 中島敦『斗南先生』より引用
  • 索具輪を、宝貝の正確無比せいかくむひに示す宝貝だと思っているのだろう。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編02 切れる女に手を出すな』より引用
  • 帰りたくて帰りたくてたまらない、そう思ったはずの心のだ。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 04巻 裏腹なる don't look back』より引用
  • それは春香から店のを聞いた時から考えていたことだ。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第04巻』より引用
  • しかし、実際にその本を読むには、本の在り処を知る必要がある。
  • そのために、対手は、敵の在りを教えずに、はなれ去ってしまった。 柴田錬三郎『江戸八百八町物語』より引用
  • この宝貝ぱおぺいは、地上にある全ての宝貝のを知る能力があるのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録06 憎みきれない好敵手』より引用
  • 欲しいものの在り処さえ判れば貴様らに金を払う必要がどこにある? 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 此は必、祭儀の必要から出来たもので、神の在り処でないであらう。 折口信夫『琉球の宗教』より引用
  • 今回初めてこの屋敷にやってきた君たちが、あの隠し扉の在り処を知っていたはずがない。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 誰も気づかなかった指の在り処を指摘したことで、ジョーに不審の目が向けられる。
  • 二十三年前、座吾朗は、財宝のを隠しているという理由で監禁された。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • その証拠には、在る処には米があり余っているではないか。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 祖父さまが隠した黄金の在り処を暴いた者が現れたなら、それを放棄するというものだ。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • 着物の在る処迄帰らなければならない、大儀さばかりを私は思つてゐるのです。 牧野信一『砂浜』より引用
  • っ気ないまでに簡単かんたんに砥石の宝貝のわかり、和穂はホッとした。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録09 刃を砕く復讐者(下)』より引用
  • 高さ一六七メートルの頂上にある航空障害灯だけが、彼等に文明の在り処を示す、唯一の証拠となる。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用