在るべき

77 の用例 (0.00 秒)
  • 人と人とははじめから共に在るべく定められているのである。 八木誠一『キリストとイエス―聖書をどう読むか』より引用
  • 在るべきものも在らずにはゐないものもすべてが在るものの中に蔵されてゐる。 三浦久『英語対訳版草木塔抄他/Fire on the Mountain』より引用
  • かつて徳川の禄をはんだものは、こんにちいさぎよく野に在るべきである。 唐木順三『無用者の系譜』より引用
  • 自分の運命に、何か一つの役割を持った人間をそれぞれの在るべき場所にすぐにおくのだった。 モーリアック/遠藤周作訳『愛の砂漠』より引用
  • し幕府にして戦端せんたんを開かば、その底止ていしするところいずれへんに在るべき。 石河幹明『瘠我慢の説』より引用
  • 原因らしい事実の報告は受けているが、その間に在るべき因果関係がはっきりしない。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 03 スパーティング・クリムゾン』より引用
  • 他の一友は更に傍より、花壇に花のないのは、あるべき筈のものが在るべき処にないのだ。 永井荷風『百花園』より引用
  • その姿はこんな奥まった室内に閉じこめられて在るべきではない。 同人『十二国記』より引用
  • それ故に人はもし真実にそれを所有している時には、それを有たぬ人のごとく在るべきではありませぬ。 キェルケゴオル/芳賀檀訳『愛について』より引用
  • 在るべきものに苦しみ、在らずにはゐないものに悩まされてゐた。 三浦久『英語対訳版草木塔抄他/Fire on the Mountain』より引用
  • 紅に誘われて、右のかどに在るべき色硝子の一輪挿も眺めようとした。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • 学問といふものは事物の操作を簡単にし、人生を豊富にするために在るべきものです。 坂口安吾『新カナヅカヒの問題』より引用
  • 彼こそは『騎士』として在るべき姿を体現した理想だったのだ。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • 僕を僕の在るべき場所に戻してくれ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 鍵はるべき場所にあっただけでなく、デューク氏が預けて以来、一度も誰も手を触れていないのであった。 クロフツ/長谷川修二訳『フレンチ警部最大の事件』より引用
  • 私は在るべきものを捨てようとするのではない、在らずにはゐないものから逃れようとするのではない。 三浦久『英語対訳版草木塔抄他/Fire on the Mountain』より引用
  • 椅子には椅子の在るべき場所がある。 豊島与志雄『女心の強ければ』より引用
  • もつと広く自然と一つになつた現象界と見るべきで、力を籠めずに涼しく、そして一つ一つに関心を持つて、ただ在るべき者なのである。 草野天平『詩人といふ者』より引用
  • しかし、そのような証拠もなしに、法律はかく在るべきだと断定するのは、正しいこととは思えません。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 訳注は下記参考文献 人間は公に見て人間としての在るべき姿が大切であり、子孫のことを考えて行動すべきである。
  • 次へ »