圧倒的多数で可決

12 の用例 (0.00 秒)
  • 出来たばかりの共産党は創立大会で国民議会選挙への棄権を圧倒的多数で可決し、暴力的革命の道を選び始めた。
  • 保革双方から各種の憲法草案が出されたのは確かだが、現に貴族院議員であり審議にも参加した美濃部達吉教授や佐々木惣一教授は「新憲法は圧倒的多数で可決されたが、議員は内心とは違う行動を取らざるを得なかった」と述べており、制定過程に瑕疵がある事は確かだ。
  • 衆議院は6月25日から審議を開始し、8月24日、若干の修正を加えて圧倒的多数で可決した。
  • しかし抵抗はむなしく、圧倒的多数で可決された。
  • 下院でも共和党のティモシー・ヒューゴ議員が提出した、2月6日に下院議会で圧倒的多数で可決した。
  • フランス議会は、ジュネーブ協定を471票対14票の圧倒的多数で可決した。
  • 改正案は、自民と新進が合意し、民主も賛成の意向を見せたため、圧倒的多数で可決される見込みとなった。
  • 信教・表現の自由の侵害だ、などの批判も強く、論議を呼んでいるが2010年7月13日下院では圧倒的多数で可決、同年9月14日上院でも圧倒的多数で可決され、同法は成立した。
  • しかし、1月23日にバージニア州上院議会で賛成32、反対4の圧倒的多数で可決した。
  • しかし、1995年、議会両院は大使館を1999年5月31日までにエルサレムに移動させるエルサレム大使館法を圧倒的多数で可決させ、さらに国務省が法を遵守しなかった場合の罰則規定を提案した。
  • 当時48対1の圧倒的多数で可決した同条例は、2008年5月、市議会で37対6で廃止が決まり、制定後2年で失効した。
  • 大紀元によれば、2010年3月16日、アメリカ連邦議会で法輪功学習者への迫害停止を求める605号決議案が、賛成412-反対1の圧倒的多数で可決された、と報道している。