土門

全て 名詞
1,854 の用例 (0.01 秒)
  • それもそのはず、土門くんは朝からずーと同じことをやっているからだ。 西風隆介『神の系譜Ⅲ 幽霊の国』より引用
  • 土門くんが読んだ東京都教育委員会の案内板にはそう記されてあった。 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • だれの目にも正体不明の男が土門を暗示していることは明らかである。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 撮影を終えたまな美が、土門くんをひとニラみしてから、椅子に座った。 西風隆介『神の系譜Ⅴ 竜の時間 亡国』より引用
  • いうと土門くんは、立体模型の台にしている古机のあたりを探しごそごそ始めた。 西風隆介『神の系譜Ⅲ 幽霊の国』より引用
  • 土門は自分では五十歳だといいふらしているが、本当は三十六歳である。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • そうこうしていたら、土門くんの尻ポケットにある携帯電話が震えた。 西風隆介『神の系譜Ⅱ 真なる豹』より引用
  • 土門の出演交渉の真意を正直に話せば、企画きかくの段階ではねられてしまう。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 土門くんは足の長さの関係もあって、数メーター先をひとりで歩いている。 西風隆介『神の系譜Ⅵ 竜の時間 神国』より引用
  • 昔の高札こうさつふうの美しい木の案内板が立っていて、土門くんが読みはじめた。 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • ふと土門の顔を横眼で見ると、土門は案外つまらなそうな顔をしていた。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • その隣には土門くんが立っていて、心配そうな顔で覗き込んでいる。 西風隆介『神の系譜Ⅱ 真なる豹』より引用
  • わたしも一度ぜひ見てみたいんだけど、この冬休みに行かない土門くん? 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • ホームへの通路を歩きながらムスッとした顔で、まな美は土門くんにいう。 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • 土門さんは赤と白の太いストライプの特別発注のポロシャツを着ていた。 矢口純『酒を愛する男の酒』より引用
  • ことに、土門の話をきいただけに一層その反感に油が注がれている筈だ。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • だけど田村さんには土門さんみたいな新しさへの挑戦がなかったんですよ。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(5)』より引用
  • また徒弟時代土門拳が叔父から借りて使用していたことが知られる。
  • 土門くんは、飲んでいたコーヒーを口から離して、蛍光灯のように驚く。 西風隆介『神の系譜Ⅳ 幽霊の国・解』より引用
  • といってから、土門くんは窮屈そうに座っていた胡座あぐらを崩しにかかった。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • 次へ »