土蔵の軒下

5 の用例 (0.00 秒)
  • もう一度外へ出て土蔵の軒下を見ると、この辺とみるあたりに、深々とメリ込んだ梯子の足跡が二つ、間違いもなくそれは、土蔵の軒の下に掛けてある。 野村胡堂『銭形平次捕物控 05』より引用
  • 海近い井戸で深さはほんの五六尺、土蔵の軒下から外した梯子はしごをおろすと、わけもなく中の物は取れます。 野村胡堂『銭形平次捕物控 02』より引用
  • 平次はお勝手から、土蔵の軒下から、およそ人の目の届かないところをことごとく見ました。 野村胡堂『銭形平次捕物控 02』より引用
  • 曲者はこの板一枚を利用して、土蔵の軒下の乾いたところから、青桐の根まで近づき、青桐の上にその板と綱を持ってじ登って、二階の窓外に軽く降り立ち、なんの苦もなく部屋の中へ滑り込んだのでしょう。 野村胡堂『銭形平次捕物控 14』より引用
  • 昼のあいだは暗い洞穴の奥や、じめじめした森の木蔭や、土蔵の軒下にぶらんぶらんとぶら下がっていて、夕方になると、ひらひら飛び出してくる。 横溝正史『死神の矢』より引用