土曜

全て 名詞
4,136 の用例 (0.02 秒)
  • 七日・八日が土曜・日曜になるが、とてもそれまで待ってはいられない。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 3) エディプスの恋人』より引用
  • さすがに土曜の深夜ともなると、ビルの中に残っている社員は誰もいない。 友野詳/高井信/山本弘『妖魔夜行 鳩は夜に飛ぶ』より引用
  • 土曜の午後で人けのない幼稚園の庭をながめながら、わたしはたずねた。 天童荒太『包帯クラブ』より引用
  • 其れで土曜から日曜の両親ふたおやや監督者の暇な日に一時に公園へれて出る。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 土曜の夜のことで、医者や看護婦の手が足りないのかも知れなかった。 平岩弓枝『女の四季』より引用
  • そこでそれは土曜の午後の習慣になってしまい、そうして二年が経過した。 デュラス/三輪秀彦訳『ジブラルタルの水夫』より引用
  • すると五日目の土曜の午後に突然父から事務所の電話口まで呼び出された。 夏目漱石『行人』より引用
  • 土曜の午後、すでに残っているのは留守番を買って出た律子だけだった。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 東京の法律事務所は土曜は休みだが、電話連絡のため誰かは出て来ている。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 彼が火をつけるのは、第二金曜日の深夜から土曜にかけてと決まっていた。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈下〉』より引用
  • この番組は若い視聴者に支持され、土曜午後の放送は高い視聴率を獲得した。
  • 館内は土曜の夕方だというのに女がふたりと五、六人の男しかいない。 柳美里『フルハウス』より引用
  • 観光地であるため、土曜・休日には多数の臨時列車が当駅まで運転される。
  • あの二人が問題を起こしたのも、金曜の深夜から土曜の朝にかけてだった。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 明日の金曜と翌日の土曜には予定通り、研究発表が行われることになった。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 第一、土曜の夕方だと言うのに商店街には人影が数えるほどしかなかった。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 大きくなってこんな土曜の夜を思い出したらどんなに懐かしいでしょうね。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 当初は土曜・休日のみの適用だったが同年10月より毎日利用可能となる。
  • こんな気持ちで、次の土曜まで、いったいどうやって過ごせばいいのか。 岸本葉子『家にいるのが何より好き』より引用
  • 土曜の夕方には、彼らは三人乗りの馬車に一隊の馬をつけて町へくり出した。 アンダスン/山屋三郎訳『ワインズバーグ・オハイオ』より引用
  • 次へ »

土曜 で始まる単語