土星

全て 名詞
1,182 の用例 (0.01 秒)
  • 土星の4つの衛星を発見したほか、惑星観測で様々な功績を残している。
  • 土星の輪は數多の月が輪を構成せねば不安定であるという結論であつた。 長岡半太郎『原子核探求の思い出』より引用
  • 一つは土星ぐらいの大きさの惑星を形成し、なおも大きさを増していた。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • この二星の太陽からの距離は土星までの距離の約二倍と、三倍余とである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 彼はまた土星の衛星も多分同様にして成立し得たであろうと考えた。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 巨大ガス惑星とは言うが、土星はすべてガスで構成されている訳ではない。
  • 土星については、その衛星中九番目のものヤペツスまでは右回りである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • いまとなっては、土星の他の衛星を探査してみてもたいして意味はない。 ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』より引用
  • 地球以外にも磁場を持つ惑星である木星、土星で存在が確認されている。
  • さらに三十度ぐらいの角度で黄道を追ってゆくと、ついに土星があった。 フレドリック・ブラウン『発狂した宇宙』より引用
  • 一部、境界が曖昧な点があるが土星の衛星は8群に分けることができる。
  • 土星の環は、発見された順にアルファベットの名前が付けられている。
  • 土星の衛星のフェーベや、ハレー彗星の軌道を計算したことで知られる。
  • これこそまさに土星の環で起きつつある現象かもしれないのだ。 クラーク『渇きの海』より引用
  • 会った宇宙人は、ほとんどが金星人だが火星人や土星人もいたという。
  • 授業の半分は火星と土星の今現在の位置関係が持つ意味の説明に費やされた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • 人類の大半は、土星の衛星であるタイタンへの移住を余儀なくされていた。
  • この種の衛星で最も大きいものの一つが土星の衛星フェーベである。
  • 土星の両側に、小さな星が二つ並んだスケッチをガリレオは残している。 小山慶太『科学者はなぜ一番のりをめざすか』より引用
  • 太陽の回りを地球や土星などがぐるぐる回っていることを学校で先生に聞いたろ。 永井隆『長崎の鐘』より引用
  • 次へ »