土屋

全て 名詞
2,336 の用例 (0.02 秒)
  • 秋絵のほうも、もはや土屋を愛情の対象とみていないのは明らかだった。 吉村達也『時計』より引用
  • 土屋には結婚十五年になる妻と、小学校六年生の娘に四年生の息子がいる。 吉村達也『時計』より引用
  • 皮膚が伸びていくにつれ、小さな土屋の顔がますますはっきりしてきた。 吉村達也『時計』より引用
  • さらに、土屋が着ている黒いジャケットの腕の部分にも、それが映った。 吉村達也『時計』より引用
  • 隣で土屋君が吐いていなければもっと違った香りがしたかもしれませんね。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • 土屋は思いもよらぬ発見に満足して、神の恵みのような幸運に感謝した。 吉村達也『時計』より引用
  • 好きな男性のタイプは竹内力、尊敬する女性は土屋アンナを挙げている。
  • 意外と男子部屋でも、土屋が似たようなことを言ってるかもしれないわよ? 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 弟の土屋又蔵が、井岡村の百姓源六の家に現われる五年前のことである。 藤沢周平『又蔵の火』より引用
  • そのうち、土屋は秋絵の身体の震えではない振動を左手に感じはじめた。 吉村達也『時計』より引用
  • それはそうと、土屋君、いよいよ君の希望のぞみも達したというじゃないか。 島崎藤村『破戒』より引用
  • そこで大阪まで参りますと、幸い駅には土屋さんのお姿が見えません。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 三月二十三日から三十日までに、土屋が泊った地点は、次のようになった。 西村京太郎『ワイドビュー南紀殺人事件』より引用
  • 私がこの事件の最初の輪郭をつかんだのは、土屋君の日記を読んでからだよ。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 一階あるいは二階の土屋が竝んでいるが、ここも壁は黄色に塗られている。 井上靖『私の西域紀行(上)』より引用
  • 今でも三体詩中の詩を読む度に土屋の宿の寂寞を想起するのである。 内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』より引用
  • 土屋がRAG FAIRに加入する以前より活動していたバンドである。
  • 土屋家の惨劇のあとは、調べに入った者が目をそむけるようなものだった。 藤沢周平『玄鳥』より引用
  • 通常であれば降板となるが、土屋はその後もT部長として関わり続けた。
  • また、土屋は劇中で戦闘機パイロットを演じたこともあるという。
  • 次へ »

土屋 で始まる単語