土居

全て 名詞
1,133 の用例 (0.02 秒)
  • 考え込んでいた土居さんは、何かに胸を衝かれたかのように顔を挙げた。 豊島与志雄『絶縁体』より引用
  • 土居たちが新京に着いたのが六月中旬、それも二十日前後のことである。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 土居さんが目を光らせていたという危険の際に殺さなければならなかった。 坂口安吾『不連続殺人事件』より引用
  • 土居家の庭にいた男たちが、慌てたように門から道路に出てくるのが見えた。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • その後、土居町は平成の大合併で四国中央市の一部となり、現在に至る。
  • 土居を越えた数十人の兵は砦の内に取りこめられてことごとく討死した。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • その竹の根が、目に見えぬところで、土居を守っているのに違いなかった。 滝口康彦『拝領妻始末』より引用
  • 帆村は土居の肩を叩いて、自分と一緒に事務所へ来るようにといった。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 道路沿いの土居家の前に、葬式の黒と白のれ幕が張り巡らされていた。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 谷をのぼりつめたところで、土居先生は大八車のあと押しをやめました。 坂口安吾『不連続殺人事件』より引用
  • 土居清良は伊予国領主の西園寺氏に仕えた西園寺十五将のひとりである。
  • 土居自身も宿毛市内の病院に搬送され、再び数日間の活動休止となった。
  • 車兵五郎は、そのおなじ御土居下組の御厨みくりや金藤次を殺害したのである。 山田風太郎『忍法陽炎抄』より引用
  • 土居が自動車の方へ駈出して行ったので、帆村もすぐその跡を追った。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 将棋界での瑞宝章受賞は三年前の土居に次いで二人目の受賞であった。
  • また御土居に沿った線が道路となって残っている例もある。
  • 北部分は道路、東部分は土居川公園、平面道路、高架道路が建設された。
  • 大阪から来たばかりの青年で、まだ土居さんに入門しない前だつた。 菊池寛『将棋』より引用
  • 土居流は、博多祇園山笠の運営における構成単位である流の一つである。
  • ここでは土居以外の手によるキャラクターデザインを紹介する。
  • 次へ »

土居 で始まる単語