土壌

全て 名詞
4,673 の用例 (0.02 秒)
  • このような佐原の土壌は後の忠敬の活躍にも影響を与えたと考えられている。
  • 生きていて心という土壌のある限り、それはやむをえないことなのだ。 星新一『殿さまの日』より引用
  • 農民たちがこうした高地性土壌をつけねらうのも無理のない話なのだ。 ニコル『C・W・ニコルの旅行記』より引用
  • 四千年の悠久の土壌の上に、北からは新しい時代の風がにおってくる。 城山三郎『忘れ得ぬ翼』より引用
  • いずれも、その浅薄さ故に日本の土壌に深く根を下ろすことはなかった。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』より引用
  • 水田の土壌から発見されたにもかかわらず生育には絶対嫌気が要求される。
  • また、液状化対策として土壌の水抜きなどの地盤改良を行うことがある。
  • われわれの立っている地点の土壌が意外に軟弱であるのに気がついているからだ。 岩井克人『ヴェニスの商人の資本論』より引用
  • この土壌のなかで、空気と水に触れて燃えあがった金属の化学作用が起こったのだ。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • だが残滓を放置しておけば、また羊が発生した時の土壌どじょうとなってしまう。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • ただし、線虫は、土壌中ではどこにでも多数生息するものでもある。
  • 盆地内の地形は平坦で土壌も肥沃であり、古くから農業が発達してきた。
  • 一立方メートルの土壌の中には、約一億の個体の生物が住むという。 養老孟司『涼しい脳味噌』より引用
  • 以下のうち自然機能については、土壌の環境機能と呼ばれている。
  • 肥料としての効果よりも、堆肥のような土壌改良の効果の方が期待できる。
  • 草ではそれほど根は深くないが、樹木では深く広く土壌に侵入する。
  • 彼は自意識の土壌となる他者との人間関係網を十分に持たなかった。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • それがロシアとの友好が崩れない範囲でドイツがイギリスに接近する土壌となった。
  • さまざまな動物や虫たち、土壌の菌類きんるいをも含めた、複合的な生物群落だ。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • 多感な時期、東巨の芸術的感性は、こうした土壌どじように育てられたのである。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • 次へ »