土壌燻蒸剤

6 の用例 (0.00 秒)
  • 現在は、農薬の一種の土壌燻蒸剤として土壌の殺菌や殺虫用に利用されている。
  • 溶液は、菌類や線虫防除の目的で農業用土壌燻蒸剤に使用される。
  • 過去には土壌燻蒸剤や塗料剥離剤、溶剤、農薬などにも使用されたが、現在ではこれらの用途での使用はほとんどが中止されている。
  • ポビドンヨードをはじめとした外用薬や土壌燻蒸剤等の農薬は、内服用に製剤されたものではないため、化合物そのものや、安定剤等の成分により健康被害を及ぼすことがある。
  • 日本では、土壌燻蒸剤は農薬取締法の規制を受け「クロルピクリン」として農薬登録されている。
  • 工業的には、有鉛ガソリンの添加剤であるジブロモエタン、消火に用いる CBrClF 2, CBrF 3 などのハロン、土壌燻蒸剤の臭化メチルが主な用途であった。