土壌流失

22 の用例 (0.00 秒)
  • 河北省の省都・石家荘市の重要な水源であるが、土壌流失や水量の減少が著しい。
  • 沿岸の森林被覆率は低く、土壌流失が大きな問題となっている。
  • 中国でも土壌流失が最も激しい一帯である。
  • 不耕起栽培などのプラウ耕からの代替手段には、土壌流失の被害を食い止め、農業を継続しうる可能性がある。
  • また、雨が多い年は平均の2~4倍の雨が降ることもあり、洪水や激しい土壌流失が起こる。
  • 栽培には「周囲園」と呼ばれる、他の作物畑を囲むように茶の木を植える方法を採用し、土壌流失を防いでいる。
  • 放牧による土壌流失および水質の変化、人為的に移入された動物による捕食などにより生息数は減少している。
  • 農業や牧畜が行われるが、砂漠化や土壌流失が激しい。
  • また同時に降水量が多いため土壌流失や侵食が起こりやすくなり、それに伴った洪水や土砂崩れも増加する。
  • プラウ耕による悪影響のひとつは風雨による土壌流失を劇的に加速させることであり、流れ出した土は他の場所や海などの水域に堆積してしまう。
  • また、土壌流失は森林の伐採や過度の放牧などにより、地表を覆っていた植物層が失われ、地表が露出した場合に、雨や風の影響を受けて発生する。
  • 上流域では砂漠化による保水力低下、土壌流失、流量の減少が起こり、ダムより下流では流量が激減し年間のほとんどが涸れ川になってしまっている。
  • モールドボード・プラウと同じ位に土壌を反転させるわけでは無いが、土壌流失の防止に効果があるのでこれは不都合とは考えられておらず、ディスク・プラウも土壌を持ち上げて砕く作用がある。
  • この特性は不耕起、或いは半不耕起栽培において、年間を通じて土壌表面に有機物を残して土壌流失を防ぐことに役立ち、モールドボード・プラウに比較してチゼル・プラウはより長期的に持続可能な農業が出来ると考えられている。
  • さらに緑化・土壌流失防止用として政府によって推奨され、20世紀前半は持てはやされた。
  • 黄土高原で土壌流失が激しい部分は27万平方kmにおよび、特にそのうちの11万平方kmは深刻な状態にある。
  • ただ、永年の人類活動による伐採で森林が消失し、土壌流失によって荒涼化した場合や、草原としての利用維持あるいは景観保全目的で野焼きを行っている場合がある。
  • そのために熱帯雨林の土壌は薄く、一旦広い面積で植生を失うと、多雨の影響もあって急速に土壌流失を起こし、砂漠化してしまいやすい。
  • 日本では、南西諸島、小笠原諸島の無人島の聟島列島や、伊豆諸島の無人島である八丈小島、尖閣諸島などでノヤギの数が増え、植生破壊や農業被害及び土壌流失による周辺漁場への悪影響等の問題が起こっており、外来種による生態系破壊の中でも最も深刻なケースの一つとなっている。
  • 土壌流失が深刻である。
  • 次へ »