土壌改良

97 の用例 (0.00 秒)
  • その他に、農業分野では水質改善・土壌改良、観賞魚分野では水質改善を目的として使用される。
  • このため乾燥土壌を改良する土壌改良材や、流出した油を捕集する目的で使用される。
  • 土地購入費以上の投資をして土地を掘削し、堆肥を混入する有機的な方法で土壌改良を実施した。
  • 土壌改良材でも数多くの製品を持つ。
  • 土壌改良剤としては単品で使うほかにパーライトやバーミキュライトと混ぜて使用することも多い。
  • 早いうちであれば土壌改良によって病気を止める事が出来るが、これらで桜が枯れた場合、何度桜を植えても枯れる場合がある。
  • その他、実験的に数種の昆虫や、土壌改良のための多量のミミズなども持ち込まれてはいる。 川又千秋『火星人先史』より引用
  • また、粘土質の土壌では根の張りが悪くなりがちなので、土壌改良などをして水はけのよい状態にして根が伸び易いようにしてやることが必要である。
  • 土壌改良剤、土壌活性浄化剤等のメーカーであり、有機珪素等の研究も行う。
  • 一方で微生物によらずに土壌を団粒化する目的で高分子系土壌改良材が用いられることもある。
  • 農業における価値も古くから知られていたが、農業での利用が広まったのは13世紀後半石炭が安価に生産できるようになってからで、1523年に土壌改良に生石灰を使うという記述が見られる。
  • また排出される木灰は土壌改良剤として利用出来る。
  • しかしこの間に行った血統の更新や土壌改良などが功を奏し、2000年代半ばごろよりふたたび活躍馬を輩出し始めている。
  • ロシア革命後の多くの労働者階級青年のように彼は1924年から27年までクルスクの職業技術学校に学び初級農業技師となって土壌改良業務に就く。
  • バーク堆肥は、あくまで土壌改良材であるため、肥料効果を求めるものではない。
  • 一方で、近年では環境事業分野への展開も図り、ダム・湖沼等の閉鎖水域などの水質・底質改善や土壌改良といった環境製品の販売、植物の活性化等の新技術開発に取り組んでいる。
  • ソレル家の先祖もその中のひとりで、月の土壌改良を為し遂げた功績と併せて、彼の一族が統治者の座に就く要因にもなった。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 粘土質の土壌のため耕作に向かない土地だったが、約300年に渡る土壌改良の結果、現在のような田園風景が誕生した。
  • しかしいくら土壌改良を成功させ、初期に造られたクレーター基地からトレンチ・シティに至るまで、ありとあらゆる人工都市をフル活用しようとも、二千万に及ぶ人口を養うには月はあまりにも限定された空間だった。 福井晴敏『∀ガンダム(上)』より引用
  • 一般向けには「鉄力あぐり」という土壌改良材を開発し、日本全国のホームセンターや園芸店などで販売している。
  • 次へ »

土壌改良 の使われ方