土壌改良材

25 の用例 (0.00 秒)
  • バーク堆肥とは、樹木の皮の部分を発酵させて作った土壌改良材のことである。
  • 土壌改良には改善したい性質に合わせた資材の投入が行われるが、このための資材を土壌改良材と呼ぶ。
  • このため乾燥土壌を改良する土壌改良材や、流出した油を捕集する目的で使用される。
  • 土壌改良材でも数多くの製品を持つ。
  • 一方で微生物によらずに土壌を団粒化する目的で高分子系土壌改良材が用いられることもある。
  • バーク堆肥は、あくまで土壌改良材であるため、肥料効果を求めるものではない。
  • 一般向けには「鉄力あぐり」という土壌改良材を開発し、日本全国のホームセンターや園芸店などで販売している。
  • 樹皮を発酵させて炭素率を低くし堆肥化させたバーク堆肥は、土壌改良材として使用される。
  • 近年はフィライトを活用した土壌改良材の研究・開発等、資源流通事業に業態転換を図っている。
  • また、ホタテやカキの貝殻からチョークが作られるほか、土壌改良材などを作る研究開発も進められている。
  • 海外ではかなり以前からし尿を分離し、大便は殺菌処理して土壌改良材に、尿は水で薄めて優良な液肥として使用している。
  • 近年では家畜ふん類、食品残渣・汚泥等が主体の堆肥に樹皮を添加したものがバーク堆肥として販売されているが、これは間違いであり、土壌改良材としての性能的にはバーク堆肥とは似ても似つかないものが多い。
  • 近年では新製品として、ミネラルを含んだ土壌改良材「植物のサプリ」を発売し、プレイステーション用ソフト「どこでもいっしょ」の登場キャラとして人気を集めた井上トロをキャラクタに起用してCM展開している。
  • 東部・鉱山地区では三井金属資源開発石見鉱業所によって土壌改良材となる ゼオライトが採掘されている。
  • 類似品として、樹木の剪定くず等の樹木の幹の部分を粉砕し発酵させたものもバーク堆肥として販売されているが、この堆肥も土壌改良材としての性能は、バーク堆肥とは明確な差が認められる。
  • 例えば、蕎麦殻燻炭として土壌改良材として利用されたり、菌床の添加剤として茸栽培に用いられる。
  • 搾りかすなどの副生成物の年間排出量は、世界中で約1億トン以上で、製糖工場自身の燃料として利用されるだけでなく、石灰分を多く含むため、製鉄、化学工業、大気汚染防止のための排煙脱硫材、上下水の浄化、河川海域の水質底質の改善、農業用の土壌改良材 など様々な利用がされている。
  • バーク堆肥は土壌改良材であり、それ自身には微量の肥料成分を含んではいるが、植物に応じて適宜肥料成分を追肥してやる必要がある。
  • 給湯と暖房を同時に行うことが出来、燃料として籾殻を消費すると同時に、燃焼灰は土壌改良材として有用な「籾殻くん炭」となる。
  • 株式会社小林工具製作所は、電設工具・刃物類・作業工具・熱間精密鍛造部品・金属熱処理・農機具製品・土壌改良材・水の濾過材等を製造・販売するメーカー。
  • 次へ »