土壌改良剤

19 の用例 (0.00 秒)
  • 白色粒状で軽石状で多孔質であることから、土壌改良剤などとして用いられる。
  • 粉砕した粉は石灰の代わりの土壌改良剤としても利用できる。
  • ポピュラーな手段として土壌改良剤への再利用があるが、排出量と再利用量にギャップがありすぎるため必ずしも有効というわけではない。
  • 近年では殻を土壌改良剤やセラミックやセメント等の工業原料として使用する技術が開発されつつある。
  • 近年では果樹・園芸用土壌改良剤としても用いられる。
  • 株式会社自然科学研究所は、広島県廿日市市河津原に本社を置く、土壌改良剤等の研究・製造販売を行う企業である。
  • 土壌改良剤としては単品で使うほかにパーライトやバーミキュライトと混ぜて使用することも多い。
  • 土壌改良剤、土壌活性浄化剤等のメーカーであり、有機珪素等の研究も行う。
  • また排出される木灰は土壌改良剤として利用出来る。
  • また微細孔内に植物の生育に必要なカチオンを保持するため、陽イオン交換容量を増す土壌改良剤としても用いられる。
  • 具体的には、石炭を水素ガス化し、燃焼時に排出される窒素酸化物は土壌改良剤などに、二酸化炭素は地下に固定する計画である。
  • 工業的には製鋼用、セメント原料が多く、陶磁器、ガラスの副原料そして土壌改良剤、るつぼの内張り用耐熱材などにも利用される。
  • しかし、家畜糞は公害の原因であると同時に、堆肥化を行えば肥料や土壌改良剤として優れたバイオマス資源でもある。
  • この語はジョセフ・ジェンキンズによるこの有機土壌改良剤の利用を説く1999年の本「Humanureハンドブック」によって知られるようになった。
  • アロフェンとリン酸の結合を防ぐには、堆肥などの有機質肥料や土壌改良剤と一緒に施肥し、土壌微生物の菌体に速やかに吸収させたり、有機物との化合物を形成させ、土壌の粘土鉱物と接触しないようにするとよい。
  • また、ミミズは1日あたり体重の半分から同量程度の餌を摂取し、その糞が良質な肥料や土壌改良剤として利用できることから、積極的に生ごみ等の有機物をミミズの餌として与え、その糞を肥料として利用するミミズ堆肥化という手法がある。
  • また、生活廃水処理の際に発生する汚泥についても、汚泥脱水処理機を導入しスポンジ状の脱水ケーキとし、ゴミ堆肥プラントにてバクテリアとあわせて肥料とし村内の植栽の土壌改良剤として使用されている。
  • 工業製品としては土壌改良剤のほか、チョークや校庭用白線、壁紙「エッグウォール」の材料となる。
  • 燻炭は土壌改良剤として役立つ。