土壌学

26 の用例 (0.00 秒)
  • 原子や雪の結晶、植物学や土壌学などを解説したものである。
  • どちらも土壌学の一分野であるが、これらの分野名は土壌学という分野と特に区別されずに用いられることもある。
  • そのような視点で見ると、学際領域としての土壌学の側面が浮かび上がってくる。
  • ペドロジーは土壌の自然科学的な性質を研究する分野であり、栽培土壌学は土壌の利用について研究を行う分野である。
  • 土壌地理学とは土壌学と自然地理学との境界領域である。
  • 主に土壌学において使用される。
  • 土壌学は、地球の表層にある、天然資源としての土壌についての学問分野である。
  • そのため、地質学・生化学・地理学・土壌学・物理学・気象学などの他の学問分野とも深い関連をもち、綜合的な科学であるとされる。
  • C層位はB層位よりも下に位置し、上からの土壌形成プロセスに影響されず、土壌学的な発展はなくA層とB層などの土壌体とは関係性は薄い。
  • 気候や生物の影響を受けて土壌が生成されるという近代土壌学の概念を最初に提唱したのは、ロシアの地質学者、ワシーリー・ドクチャーエフである。
  • なお日本語および英語の凍結線、frost line という語はどちらも土壌学からの借用語である。
  • 彼らは染色体の数と形状を決定する細胞分類学、DNAシークエンシングに基づく分子生物学、二次代謝物質を使った化学分類学、派生システムと土壌学に基づく植物形態学の研究を行っている。
  • しかし一般地質においては十分研究されていないが、応用地学、または土壌学、工学的の分野からみればそれぞれ異なった取扱いがなされる。
  • 土壌学の主な分野として、土壌の構造や化学的特性、形態、分類を扱うペドロジーと、生物による土壌の影響を扱う栽培土壌学という2つの分野がある。
  • デバルダ合金は、イオンクロマトグラフィーが開発される前は農学および土壌学において硝酸塩の定量分析もしくは定性分析に用いられ、今日では主要な分析法として世界中で採用されている。
  • 土壌利用という目的や、土壌への純粋な好奇心によって土壌学の研究がすすめられ、土壌資源の多様性やダイナミクスについて、日々新たな知見が示されている。
  • 学際領域的であるため、実際の学科名は様々であり、大気科学、生物学、生態学、環境化学、地質学、海洋学、土壌学などの学科で研究されている。
  • 土壌学は、土壌学を専門とする土壌学者のみが研究対象としているわけではなく、工学者、農耕学者、化学者、地理学者、生物学者、生態学者、微生物学者、林学者、公衆衛生学者、考古学者、また地域計画の専門家など、さまざまな分野の研究者が土壌学の発展に貢献している。
  • 土壌学では、土壌生成, 土壌分類、土壌パターンのマッピングなどを研究対象とし、物理学、化学、生物学、資源価値などといった側面からのアプローチが行われる。
  • ロシア大衆紙『モスコフスキー・コムソモーレツ』によると、2人は姉妹そろって父と母の母校であるサンクトペテルブルク大学に合格し、マリーヤは生物土壌学、カテリーナは日本史を専攻することになると報じた。
  • 次へ »