土壌動物

48 の用例 (0.00 秒)
  • 土壌動物はサイズ別に大型・中型・小型にわけて類別することが多い。
  • 地上の大型動物や鳥であっても、土壌動物を餌として利用するものが少なくない。
  • 小型のものは土壌動物として生活しているものが多い。
  • いわゆる多足類のひとつで、細長い体と多数の足をもっている一般的な土壌動物である。
  • 後に、土壌動物一般についても同様のことを試みている。
  • 土壌動物と洞穴の動物に共通するものがある場合がある。
  • 多くのものが森林に住み、小型のものは土壌動物として生活する。
  • 地表性のものは土壌動物採集用の装置であるベルレーゼ装置で得られることがある。
  • 小型のものは、土壌動物として生活するものが多い。
  • また、その土壌動物採集の中でカマアシムシ目の昆虫を日本で初めて発見した。
  • この調査では土壌動物の調査を愛媛大学の森川圀康に依頼した。
  • オオムカデ類も、ほとんどの小型種は無眼で、土壌動物である。
  • 多くのものが土壌動物として出現する。
  • 従って、落ち葉を分解する働きをしている土壌動物の占める役割は大きなものである。
  • ササラダニ類やその他土壌動物の生態にも注目し、それらを生物指標とする方法も検討した。
  • 最も被曝した植物群落や土壌動物群集では、線量に応じた種の構成の変化や生物多様性の減少が報告されている。
  • 土壌動物としては、密度はさほど高くないが、重要な肉食者である。
  • 土壌動物ではまず殻があるか、足があるかといった区分で大きく分けるやり方がある。
  • 小型のものは、野外で採集するのはほとんど不可能で、土壌動物を採集するための装置が必要になる。
  • 雑食性で草や木の種子、小型の昆虫や土壌動物などを捕食する。
  • 次へ »