土壌中

278 の用例 (0.02 秒)
  • 無性生殖に遊走子を形成する水中生物であるが、土壌中でも生育可能である。
  • 陸上、土壌中、淡水中にごく普通に生息し、さらに原則としてすべて空が飛べる。
  • 原生生物は、水中や水を多く含む土壌中に生息している。
  • 同工場跡地では、2008年の調査でもCNPなどが土壌中から基準を越えて検出されている。
  • 日本などの温帯では、冬季は土壌中の接合胞子の形で過ごすものと考えられる。
  • アメリカで行われた調査では日照量の多い地域と土壌中のセレン濃度の多い地域では極めて珍しく、そうでない地域では有病率の比較で相対リスクが高いとの結果が報告されている。
  • 幼虫は3齢を経たのち地上の土壌中に移動し、黄褐色の蛹となる。
  • 森林土壌中では1m 2 あたり数万個体と極めて高い密度に達する。
  • 土壌中には、多数の生物が住んでいる。
  • 植物は窒素、リン、カリウムなどを土壌中から吸収し、取り出してしまう。
  • 土壌中や、空気中に飛散している常在細菌の一つで、枯れた草の表面などからも分離されることが多いためにその名が付けられた。
  • このような働きは土壌中の有機物分解に寄与し、微生物環の一部を構成するものであると考えられている。
  • 南硫黄島と比較的似た環境にあると考えられる北硫黄島との大きな違いの一つに、南硫黄島では土壌中に多くのリンが含まれていることが明らかになっている。
  • 一度に数個を石の下や土壌中などに産卵する。
  • また、一部の種では、土壌中の甲殻類の死体があると、その周囲で盛んに接合胞子を形成することが知られている。
  • また自然界にも有害な物質がないわけではなく、これまで利用していなかった地下水を利用しようとして、土壌中に含まれる砒素により地下水が汚染されていることに気付かず、被害を受ける例もみられる。
  • クサレケカビ属は古くから知られてきたカビで、土壌中には極めて広く存在し、また種類も多くて100種ほどが知られる。
  • これを土壌中に還元するため堆肥化は有効である。
  • 地震の際の地盤液状化も一部この性質による可能性はあるが、一般にはそうではなく土壌中の液体が砂粒と分離し流れる挙動として説明されている。
  • この性質のため、環境中の多環芳香族炭化水素は主に土壌中の堆積物と油性物質で見られる。
  • 次へ »

土壌中 の使われ方