土壌中

278 の用例 (0.01 秒)
  • 実際に土壌中で活動している菌類を探す方法として使われる。
  • 種子はハイバネーション機能を持っており、土壌中で何年も生きることができる。
  • その他、物理の農科への応用研究として、土壌中の水の運動に関する研究を行った。
  • 現在でも旧日本軍の関連施設跡地周辺の土壌中などから旧日本軍のものと思われる物質やその分解物が検出されることがある。
  • 生長期のうちに種子を土壌中に散布するが、それらはその次のシーズンには発芽しない。
  • このような土壌中の自然状態での濃度分布データは、日本国内において、統一された基準によって整備はされていなかった。
  • そのため、アルカリ土壌中では植物は鉄欠乏をおこして生育しにくい。
  • 土壌中の特殊な条件、あるいは要素との生態的な関係をもっている可能性があるが、解明されていない。
  • 水中及び土壌中にごく普通に生息するものである。
  • 水が土壌中にある期間はごく短い。
  • 土壌中ではリン酸の存在量はそれほど多くないのに加えて、その多くが不溶性の化合物となっていることが多い。
  • 自然界において窒素酸化物は、雷あるいは土壌中の微生物によって生成される。
  • このような過程を経て土壌中に、窒素が固定される。
  • なぜなら、土壌中に埋めるなど通常の操作では微生物活性が低いためである。
  • 特に後者は長期間土壌中にあることも多く、長いものでは100年以上土壌中で生きている場合もある。
  • その多くは汚水菌や土壌中の非常によく似た性質のバクテリアが大腸菌群として分類される。
  • 特に土壌中に生息するものが多く、土壌中の個体数はササラダニと並んで節足動物では最も数が多いものである。
  • A、B型は芽胞の形で土壌中に分布し、E型は海底や湖沼に分布する。
  • 雨の匂いの原因となる物質としては他に、雷によって発生するオゾンや土壌中の細菌が発生させるゲオスミンなどが知られている。
  • 土壌中を浸透した地下水には多量の二酸化炭素が土壌空気からとけ込んでいる。
  • 次へ »

土壌中 の使われ方