土壌中に生息

7 の用例 (0.00 秒)
  • 特に土壌中に生息するものが多く、土壌中の個体数はササラダニと並んで節足動物では最も数が多いものである。
  • 原生生物は、水中や水を多く含む土壌中に生息している。
  • 海産または淡水産、及び湿った土壌中に生息し、乾燥した陸上で生活するものは少ない。
  • 主に土壌中に生息する。
  • 代表的な腐生菌の一種であるが、いっぽうで線虫捕食菌としての側面も持ち、土壌中に生息する線虫類を捕捉し、窒素源として資化する能力があるといわれる。
  • なお、カイメンタケは森林土壌中に生息し、生きた樹木の材を腐朽させる菌であるため、製材されたり構造物に用いられたりした木材上に子実体を形成することはほとんど皆無である。
  • 土壌微生物とは、土壌中に生息する微生物の総称である。