土壌シードバンク

12 の用例 (0.00 秒)
  • その土壌シードバンクを利用して、個体群を復活させる試みも行われている。
  • ある土地から植物種や集団が絶滅してしまった場合でも、土壌中には土壌シードバンクとして個体群が生存している可能性がある。
  • 土壌シードバンクは、土壌中に含まれる種子の集団のことである。
  • その間土壌中には未発芽の種子が多く含まれることとなるので、土壌シードバンクは一種の地下個体群ということもできる。
  • 花から生産された種子は翌年に発芽するほか、土壌シードバンクを形成して、数年間休眠することもある。
  • そのような場所では、大地が光を受ければすぐに、その場所の土壌シードバンクに存在していた寿命の長い種子から成長することができる。
  • また土壌シードバンクは緑化材料などとしても活用されており、森林の表土を法面に吹きつけ、そこに含まれる埋土種子を発芽させて植物群落を形成させるという取り組みもある。
  • たとえば霞ヶ浦で行われているアサザプロジェクトでは、湖沼の底土を撒きだしてアサザなどの土壌シードバンクを表出させ、個体群を回復させる試みが行われている。
  • これらの事実により、ビロードモウズイカの種子は長期間に渡って土壌シードバンクとしてその土地に保存され、一見すると何もない裸地から、あるいは以前の植物が死に絶えた山火事の後すみやかに、 突如として芽生えることができる。
  • 例えば霞ヶ浦では、浮葉植物であるアサザの個体群を、土壌シードバンクから再生する事業が行われているが、これはアサザの種子が土壌シードバンクを形成しやすい発芽・休眠特性をもつことを利用したものである。
  • よく知られた事例として、土壌シードバンクを掘り出して撒き出すことで、土壌中で休眠していた種子を発芽させ、植生を復活させる取り組みがある。
  • 土壌シードバンクに含まれる種子には2種類あり、環境条件が整うとすぐに発芽できる非休眠種子と、休眠を解除されない限り発芽できない休眠種子がある。