土壌を好む

39 の用例 (0.00 秒)
  • バンクシアの多くの種は砂質の土壌でよく生育し、他のものは岩の多い土壌を好む。
  • この植物は、多様な環境で成長できるが、どちらかと言えば日当りのよい撹乱された土壌を好む。
  • どちらかといえば未熟な土壌を好む菌であり、有機物のほとんどない状態で発生する。
  • やや湿った土壌を好むが、鬱蒼とした林の中には少ない。
  • 土は選ばないが酸性土壌では育ちが悪く、弱アルカリ性の土壌を好む。
  • 属名はparaとochetusの合成語で、この植物が比較的湿った土壌を好むことによる。
  • ツツジ科の植物は酸性の土壌を好むため、花崗岩が風化した六甲山には他の山に比べてツツジ科の植物が多い。
  • 強い酸性土壌を好むため、培養土は一般に、鹿沼土と山ごけをほぼ等量ずつ混ぜたものを用いる。
  • 地中海沿岸に広く分布し、水はけの良い石灰質の土壌を好む。
  • チャは他の多くの植物と違って、酸性土壌を好む植物であり、土壌の酸性化が進んでいる場合でも、その耐性が比較的強い。
  • 他の多くのツツジ科の植物と同様、酸性土壌を好む。
  • 桜は水はけの良い土壌を好むが、乾燥には強くない。
  • アカヌマベニタケより季節に先立って現れ、酸性でない土壌を好む。
  • 湿潤で日当たりが良く、肥沃な土壌を好むので農地やかく乱地によく見られるが、自然林でもみられる。
  • 豊富な日光、多量の水、さらっとしたロームの土壌を好み、寒さに敏感である。
  • このために日当たりと酸性土壌を好むブルーベリーが下層植生としてたくさん生えていることがある。
  • 酸性の土壌の中和に用いれば、アルカリ性の土壌を好む植物の生育がよくなる。
  • 木は、軽くて砂地で水捌けの良い土壌を好むが、栄養豊富な南部の川沿いの低地で生育する。
  • 水分の多い土壌を好み、よく川岸や湿地などに、生えている。
  • 泥炭中の微生物が有機酸を生成するために酸性であるので、アルカリ土壌を好む植物に使用する場合は石灰などで中和する必要があるが、逆にアルカリ土壌を中和させるためにそのまま使われることもある。
  • 次へ »

土壌を好む の使われ方